■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

藤田ヒロシ 作 短編台本公開

主宰・藤田ヒロシの短編作品の台本を公開しました。ご自由にお使い下さい。(公演利用も可)

https://daihon.maigo.link/

 

新型コロナウイルスによりお亡くなりになられた皆様、ご家族の皆様、お悔やみ申し上げます。現在、治療を受けている皆様、お見舞い申し上げます。そして、医療従事者の皆様、感謝申し上げます。

世界が大変の一言では現わせない状況の中ですが、いやでも自分の無力さを痛感する日々を送っています。その日、その時、その場所で なければ体感が出ない"不器用な表現"だからこそ惹かれた演劇。下を向いても、後ろを向いても"出口"は見えない。今を今さら嘆くより前へ。簡単ではないですが、まずはそのきっかけを……そんな想いでますは台本を公開しました。何かのお役に立つのであればご自由にお使い下さい。― 藤田ヒロシ


さくらがさいた

4月と言う事で「朗読劇・DOZEN 2nd」(2011)からこちらを、今年の4月に

 

さくらがさいた

 

さくらがさいた さくらがさいた さくらがさいた

古びた団地の片隅に
朽ちた工場跡の片隅に
小さな公園の片隅に

さくらがさいた さくらがさいた さくらがさいた

あの森の奥深くに
あの山の奥深くに
あの川の奥深くに

さくらがさいた さくらがさいた さくらがさいた

きっと ずっと 毎年 そこでさくらはさいている
きっと ずっと 毎年 そこでさくらを目にしている

でも 忘れている

だから ずっと 毎年 そこでさくさくらに驚いている
だから ずっと 毎年 そこにもさくらがと驚いている

春を染めるその色は 僕たちを優しく包むけど
風にひらひらと はらはらと 舞い散って
街から 心から 記憶から 消えてゆく

さくらがさいた さくらがさいた さくらがさいた
気が付いたら 忘れている

さくらがさいた さくらがさいた さくらがさいた
気が付いたら 消えている

さくらがさいた さくらがさいた さくらがさいた


…の裏

いまこの時に・・・ 旗揚げ公演「again」(1997)より

 

いつ始まり いつ終わるのだろう

きっと始まりはずっとずっと昔にあって 終わりはずっとずっと先にある


昨夜髪の毛を切りながら思った「このまま終わりが来ないのでは」という予感はきっと嘘で
終わりは必ず来るであろう


いつ始まり いつ終わるのだろう

きっと始まりは己の中深くにあって 終わりも実はそのすぐ裏にある


愛の裏に嘘があるように 嘘の裏に真実があるように
始まりの裏に終わりがある


様々な本心と共に舞台に立ちます

この時勢、イベント、ライブ、公演なんてやらない方がいいです。これは本心です。でも本心は他にもあります。それが僕が4月5日に舞台に立つ理由です。

 

稽古する場所、公演する場所があって僕は初めて作品を人前に出せます。地方では公共の(やたらキャパがデカイ)ホールはあれど、民間の(ちょうどいい)小屋がほとんどない状況です。それでも近年、少しづつ増えて来てと感じでいます。またライブハウスやカフェやバーなどでも演劇公演をやらせてもらえるようにもなって来ました。多様な場所で公演が打てると言う事は新しい観客に出逢うチャンスが増えることであり、その機会を与えてもらえた。小屋主にお世話になって来ました。

 

その場所その場所で「色」があります。ライブハウスなどで公演を行う場合、その色を壊しかねないのでは?と躊躇し「演劇をやらせてほしい」と最初に口にするのはいつも勇気がいります。いつだって「断られる覚悟」を持って臨みます。でもいつだって「是非」と言ってくれました。「やったことないけど、出来るならいいよ」って言ってくれました。「楽しみだ」と言ってもらいました。一緒になって僕の作品を作ってくれました。本当にありがたい事です。

 

そんな場所が今の『自粛要請』で苦しんでいます。その『同調圧力』で苦しんでします。『自粛』である以上『自らの判断』です。場所を開き感染者が出れば「それ見た事かっ!」と叩かれ継続が不可能になるかもしれません。一方、場所を閉じれば売上がなくなり継続が不可能になるかもしれません。共にその結果、生きる事が継続出来ない可能性だって充分にあります。「自分の店から感染者を出したい」なんて思っている小屋主は誰もいません。それでも開いているのは反骨精神でも、文化を守る使命でもなく、生きる為なのです。

 

反骨精神や文化を守る使命であった時期もあったと思います。でも、もうその時は過ぎたのだと思います。感染が「新たなフェーズ」に入ったと同じく個々の生活も「新たなフェーズ」に入ったのです。

 

繰り返しますが、「自分の店から感染者を出したい」なんて思っているオーナーや店主は誰もいません。ですから「止めてくれ」と明確な意思を示してくれれば確実に従います。もちろん、生活の保障が伴う形でなければなりません。『自粛』などと言う「どうにでも取れるけど、わかるよね?」的に忖度させる言い回し、パワーハラスメント的な言い回しで、首を締められていく姿など見るに耐えられません。そんな状況なのに出演者(あるいは主催者)が中止か開催かの選択に苦悩している姿を見るに耐えかねて小屋側から「中止」を言い出す事もあるのです。

 

本当に苦しいです。自分が苦しい時には支えてもらうだけでは苦しんです。自分が助けて欲しい時だけ歩み寄るは苦しんです。

 

だから、僕は舞台に立ちます。『自粛』という言葉で曖昧にされない様に、明確に「止めろ!」と言わせ「生活保障はする」と言わせる為に、立ち続けます。もちろん、僕の生活保障ではありません。ライブハウスや劇場関係者たちだけに限った思いでもありません。『自粛』や『要請』により収入を失っている全ての人々への補償です。

 

たまたま僕は演劇をやって生きた人間なので、自分の言語である「演劇」でそれを叫ぼうと思っているだけです。いまは「立ち続ける事」が叫び方だと信じているんです。ですが、単に僕が苦しみから逃げ出そうとしているだけかもしれない。単に偽善者かもしれない。我儘を正当化しているだけかもしれない。そのでれもが本心です。

 

だから今回は「出ます」「やります」とは言っても「観に来て下さい」とは言いません。「客ゼロ」ならそれはそれで立ちます。舞台立つ事が生業ではないから、でも生業以上であるから、いまは「客ゼロ」でもいいんです。この混沌とした状況が過ぎ去った時に「いつもの場所」で皆さんと再会したいのです。だから僕は4月5日に舞台に立ちます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。 藤田ヒロシ


 


『第二回ふじえだ短編演劇祭』開催!

本日、明日と第二回ふじえだ短編演劇祭 開催!
当日券もあります。

 

14日19時 開演
15日18時半 開演
ロビー開場、受付開始は開演1時間前です。

 

http://shirokono.org/tanpen/

↑感染予防対策等も明記してあります

 

参加団体(上演順)

創作処愛染屋(藤枝)
迷子の遊園地(浜松)
1秒/sに気まぐれ(浜松)
演劇ユニット茶わん虫(浜松)
もたい村(東京)

 

途中、換気の為の時間を設けます。


我々は二番目。審査結果は一番目を目指して!!「来て下さい」も「行きます」も大声で言いにくいそんな空気ありますが、幕は上がります。我々は”舞台に生息する生物”なのでただただ”営む”のみです。
 


| 1/102PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM