■ お問い合せは劇団ウェブサイト【お問い合せ】よりお願い致します。

オフィシャルサイトフェイスブックツイッター

20年かけて向かえる”朝”

この20年間で「大雨の本番日」と言うものがなかったが、20周年記念公演でまさかの「台風接近」。そう簡単に、易々と行かせてはくれない。何事にも”困難”は存在しているのだと再認識。

「おかしな朝」のまだ公演自体はまだ残っているので総括はできないが、残りの公演の為にも総括の為にも”いま”をまとめておく。

小屋入りしてから各役者の芝居が”変わった”。それもこれまでずっと求め続け、怒鳴り続けた(笑)方向へ。各自がバラバラではなく、同一方向へと”成長”を見せたのだ。やはり”成長”には”困難”が必要だと再認識。

公演前はいつも不安と期待、自信が入り混じる。今回は”旗揚げ20周年記念公演”と銘打った分、力も入り、意識も強く、いつも以上に混沌とした精神状態だった気がする。しかし、”書きたい事を書けた””表現したい事を出来た”という確信はあり、問題はそれが”届くのか?”という不安。

「叫ぶだけが演技なのか?」

過去に何度かこのような事がアンケートにあった。自身の答えは「ノー」だのだが、舞台上では確かに「叫ぶだけ」の演技がこれでもかっ!と言うほど展開されていた。細胞レベルで叫ぶ!感情の高まりを単に声に乗せて放つ!それだけ。抑揚など機微など無視して。もちろん、それでは真の演技ではないし、生きている人間ではない。しかし「心の底から叫ぶ」ことが出来もしないで一体他に何ができると言うのだろう?自身と相手役、空間、セリフ、音、灯り……目の前にあるモノに反応した感情に素直になれなくて、そこで自身を開放出来なくて、他に何ができるといのだろう。まずは「叫ぶだけ」だとしても、そこからだろう。と……それは、子供じみた「演劇もどき」に感じられたかもしれない。しかし、心と体を開放出来ないで”うわべのセリフ回し”の方が”もどき”であると確信している。舞台に立つ者としての、人前に立つ者としての基本も身につけないで”稚拙な技術論”で自身と客を騙そうとする行為など反吐が出るのだ。

もちろん、毎公演「真の演技」をもって舞台に上がる。それを観てもらうが理想だが、我々は”劇団”だ。”何者でもない者”が”役者”になってゆく様を晒す事も務めだと思っている。あえて”失敗”と感じたり”消化不良”をその者に感じたりさせる事も大切な経験だと思っている。

お客はお金を払う以上「完成された物」を求める事は重々承知している。だから批判は丸ごと受け止める。そして、その批判に時を越えて回答出来る様に「真の演技」を求め続ける。

それが今回の「おかしな朝」浜松公演で出来た気がする。少しだけど……そんな想いだ。ただまだ確信ではない。”何者でもない者”が”役者”とは何か?と理屈だけでなく、皮膚感覚として知り、その一端に触れた。そんな感じだろう。

その感覚を持って静岡公演に向かう事が出来る。これはもう興奮が収まらない。我々迷子の遊園地には「出来ない事」「やらない事」「自身の未覚悟」に対して”もっとのらしい理屈”を述べて自己保身をできる”器用な者”は存在しない。呆れるくらいに不器用で、足掻いて、足掻いて、失敗して、涙して……”何者でもない自分”と真正面から向き合って、演劇と真正面から衝突していく者だけがいる。(そうでない者は”去る”の一択)

20年かかった。それは長すぎるのかもしれない。でも、辿り着ける。「観に来なかったの?もったいない事したね?」そう言い切れる作品にする為、今一度自身の覚悟を問い、疑い、足掻く。

浜松公演、ご来場ありがとうございました。
静岡公演、お待ちしてます。

時は流れた。迷子の遊園地旗揚げから20年。時代は変わった。破壊も革命も開放も時代遅れ。「私探しの冒険」などもう誰も求めてなどいない。ならば演劇は一体何を語るべきなのだろう?

旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」
[静岡]11.25-26あそviva!劇場

開演時間[25日]20:00 [26日]13:00/17:00
出演:北澤さおり 藤田ヒロシ 宮本あゆみ 日浦カズトシ 水野史奈子 東桜子


http://maigo.link/okashina/

迷子の遊園地オフィシャルサイト

「おかしな朝」インタビュー#8

旗揚げ20周年記念公演 「おかしな朝」

出演インタビュー「藤田ヒロシ」

劇団員がぐっと増えましたがそのことでの苦労や楽しさは?

誰がいて、誰がいないのか瞬間的にわからない所ですかね。苦労といえば。それぞれに、当然に個性があるのでひとりひとり繋がって行く為のエネルギー消費はパンパない。でもコレは苦労というより楽しみの方ですね。
あとは、役者としてみんなと競演したい(絡みたい)けれど、今作ではそれは叶わなかったので今後の楽しみとします。

「20周年」という節目を迎えましたが、この時を迎えられると思っていましたか?

当然、思ってないですよ。そもそも「演劇を辞める」為に始めた劇団で、5作目くらいまでは公演毎に「辞めよう」って思ってました。一度は解散してますしね。
だから「20周年」なんて不思議で仕方ないです。ここまで支えてくれた人々に感謝しかありません。ありがとう!

「おかしな朝」の台本を最初に読んだ時の感想は?

自分で書いているけど、書き終えた瞬間は「終わった」と言う解放感しかないから感想なんてないんですが・・・・・・

続きは公演特設サイトで!
http://maigo.link/okashina/


迷子の遊園地 旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」

時は流れた。迷子の遊園地旗揚げから20年。時代は変わった。破壊も革命も開放も時代遅れ。「私探しの冒険」などもう誰も求めてなどいない。ならば演劇は一体何を語るべきなのだろう?

[浜松公演]
2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]
2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

迷子の遊園地オフィシャルサイト

「おかしな朝」インタビュー#7

旗揚げ20周年記念公演 「おかしな朝」

出演インタビュー「宮本あゆみ」

今年5月の入団ですが、劇団や主宰の印象は?

まだ4ヶ月程しかたってないんですね!もうずっと居る感じがするくらい居やすいです。あまり居心地が良すぎるのもどうかと思いますが。
主宰の印象?初めて見たとき見た目がいかにも演劇の人だ!って思いました。

いよいよ本公演デビューですが現在の心境は?

デビュー!良い響きですね!
でも全然そんな感じしないです。回転木馬やってるからですかね?
兎に角前回より飛び抜けたいです。不完全燃焼で終わるのだけはしたくない!

「おかしな朝」の台本を最初に読んだ時の感想は?

素直に言うと台本が長い。前回短編だったから当たり前なんですが。
あと、繰り返される朝食シーンや・・・・・・・

続きは公演特設サイトで!

http://maigo.link/okashina/


迷子の遊園地 旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」

時は流れた。迷子の遊園地旗揚げから20年。時代は変わった。破壊も革命も開放も時代遅れ。「私探しの冒険」などもう誰も求めてなどいない。ならば演劇は一体何を語るべきなのだろう?

[浜松公演]
2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]
2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

迷子の遊園地オフィシャルサイト

おかしな朝 浜松公演アンケートより

迷子の遊園地旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」浜松公演(10月28日-29日@木下惠介記念館)の観劇アンケートの一部をご紹介します。(改めて、ご来場ありがとうございました!)

演劇はあまり観た事がないのですが、迫力に圧倒されました。あっという間の90分でした。また観たいです。(50代・男性)

観に来られて良かった。何回でも観たいです。全ての人に観てもらいたいと思いました。
静かな叫びに心が苦しくてうまくまとまらないのでまた感想、落ち着いて書きます。今、自分を隠して、殺して生きている状態なのでもう少し自由に、自分に優しくなりたいです。子供にも色々、押し付けない様にしなきゃ!!素晴らしい時間をありがとうございました。(30代・女性)

10代の頃は色々考えて生きていたのに今はただ日々を生きて心が動く事も少なくなり、今日の公演で「生きる事」をまた真剣にやりたくなりました。自分で見て、感じて、話す、言葉にしてみる。大切なことだけど忘れたりする。次も楽しみにしています。(30代・女性)

序盤はものすごく他人事様な感覚で観ていましたが、ラストのシーンになって急に自分の現状と似たものを感じて「うわ!やべ!!」と感じてドキッとしました。今日はなかなか眠れそうにありません。(20代・女性)

とてもよかったです。メメさんの性格や境遇には共感するところや似たところが多く、個人的にメメさんを応援する様な気持で見ていました。また見に来ようと思います。ありがとうございました。(20代・男性)

学生時、演劇をやっていた関係での知人の繋がりでtwitterで見かけ、題材と言うかキャッチコピー(?)が気になり見に来ました。前情報もあまりなく正直「あまり好みの表現じゃないなー」と思いました。でも、なんだか引き込まれました。面白かったです。
台本を書かれた方と私の思想は違うなーとも思いましたが、なんというか……こういう表現があるのか!となりました。うまく言えずにすみません。演劇関係の事がやりたくなりました。ありがとうございました。(20代・女性)

最初の変わった姿の登場から「おもしろい!」と心を掴まれ、ずっと引き込まれたままの状態で観させてもらいました。オールド、クロ、メメちゃん、パパ、ママ、それぞれの人が言ったセリフを今夜じっくり思い出していろんな事を考えてみたいです。
皆さん、素晴らしい表情。特にクロさん、オールドさん。あんなコケかたしてスジ違えないのが素晴らしい!!(50代・女性)

誰も責任を負わない未来、都合良く歪められた歴史、全部が透けて見えてしまっている。もう誰も耳を傾けない


旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」
[静岡]11.25-26あそviva!劇場
http://maigo.link/okashina/

迷子の遊園地オフィシャルサイト

「おかしな朝」インタビュー#6

旗揚げ20周年記念公演 「おかしな朝」

出演インタビュー「東桜子」

入団から一年、後輩も入りました。稽古場の雰囲気に変化はありますか?

先輩だけでなく後輩も出来たことで、いろんな価値観や想いに触れられるようになり、稽古場で受ける刺激が増えました。それにすごく賑やかになったので、目立つことが大変になりました…。

「迷子作品」の魅力はどこにあると思いますか?

愛とか夢を綺麗な言葉で片付けてしまわず汚さや醜さもちゃんと教えてくれる。だから目を背けてはいけないこと、それを知った時生きることへの肯定と意味を見出してくれるようなそんな魅力があるなと感じています。

「おかしな朝」の台本を最初に読んだ時の感想は?

この話を初めて読んだとき、もどかしさや切なさ、健気さや優しさ、憤りや恐怖・・・・・・

続きは公演特設サイトで!
http://maigo.link/okashina/

迷子の遊園地 旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」

時は流れた。迷子の遊園地旗揚げから20年。時代は変わった。破壊も革命も開放も時代遅れ。「私探しの冒険」などもう誰も求めてなどいない。ならば演劇は一体何を語るべきなのだろう?

[浜松公演]
2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]
2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

迷子の遊園地オフィシャルサイト

| 1/80PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

公演情報

旗揚げ20周年記念公演
[浜松公演]2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM