■ お問い合せは劇団ウェブサイト【お問い合せ】よりお願い致します。

オフィシャルサイトフェイスブックツイッター

劇団員募集、締切間近。

演劇なんてものは誰かに言われてまでやるもんじゃない。ましてや、無理をしてまでやるもんじゃない。それをわかっていて、それでも止められない衝動を持っているものが足を踏み入れる。迷っているのなら、やめておいたほうがいい。誰に何を言われても、突き進みたいのなら、まずご連絡を。 ― 主宰・藤田ヒロシ

 

間もなく(8月26日)締切です。今なら次回公演(12月予定)に出演できるチャンスありますっ!叫ぶように囁き、囁くように叫ぶ ―切なく割り切れない想いを紡いでみませんか?

 

劇団員募集
年齢…16歳以上(18歳以下は保護者の同意書提出)
性別、経験、国籍…不問
http://eso.under.jp/boshu.html

迷子の遊園地オフィシャルサイト

ココ最近の日々

「シン・ゴジラ」と「SMAP解散」に思考回路を支配されそうになりながら、オリンピック観戦と台本執筆に勤しんだ結果、陸上男子4×100リレー銀メダルに歓喜し、台本も役者に配布。

次回公演は12月の予定。総裁発表までもう少しお待ちください。
(ちょっとフライングして・・・初めての小屋でやります)
迷子の遊園地オフィシャルサイト

20周年を前に、突き進みます!!

8月10日に19歳になりました!!(旗揚げ公演から19年)オフィシャルウェブサイト、少し更新しました。「劇団員紹介」の各自のコメント等を刷新。さらには・・・(ちょっとした?)発表も!是非、チェック!!

http://eso.under.jp/

 

 

ワークショップ、参加者募集中
【日にち】8月21日(SUN)
【時間】1部:9時〜12時/2部:13時〜16時
【締切】8月18日(木)
http://eso.under.jp/workshop.html


劇団員募集

年齢…16歳以上(18歳以下は保護者の同意書提出)
性別、経験、国籍…不問
http://eso.under.jp/boshu.html

 

迷子の遊園地オフィシャルサイト

8月 「マジ、好きなんです」(朗読劇・DOZEN 2ndより)

あれから5年。2011年12月公演の「朗読劇・DOZEN 2nd」12本のショートストーリーを読みつなぐこのシリーズ。この2ndは2011年の1月から12月を描いてる。”その時に”というよりも、時を経て読む為に描いた”日記”のようなもの。そこで、今年、一ヶ月アップして行こうかと・・・忘れなければね。

 

 

8月 「マジ、好きなんです」


ここ最近は意図的にニュース番組を見ることを避けてきた。理由は「疲れる」からだ。思考が、心が疲れる。デジタル化された映像は、美しいものをより美しく、残酷なものをより残酷に映し出す。“まるでそこにいるような臨場感”なんて、テレビになんて求めていなかった。
なぜ、避けていたニュースにチャンネルを合わせたのか分からないけど、珍しく帰宅するなりテレビをつけて、それを見ていた。
 
「ただ、もう何言っていいかわからないけど、ただ、オレ、マジでサッカー好きなんですよ。マジで、もっとサッカーやりたいっす。本当、サッカーって最高だし、まだサッカーって知らない人もいると思うけど、俺みたいな存在っていうのもアピールしたいし。本当、サッカーって最高なところを見せたいので、これからも続けさせてください。本当にありがとうございました」
なぜか、ソファーに座ることも忘れ、立って見続けていた。
 
名前は知らなかった。16年間所属したチームを離れた時のあいさつらしい。それが去年の事。今年、彼はアマチュアリーグでプレーすることを選び、現役を続けていたという。
その彼が亡なったらしい。享年34歳。サッカーの選手寿命なんて知らないけど、人間の寿命からして34歳は早すぎる。それも練習中に倒れてとなれば、ニュースにもなるだろう。でも、それがトップニュースに値するかどうかなんてことはわからない。実際、そう扱われているのだから、そういうことなのだろう。そういう選手なのだろう。
 
基本、スポーツ選手や芸術家と呼ばれる人種はリスペクトやシンパシーの対象ではない。理由は、生産性のない事を生業としているからだ。一時、IT系企業やファンド事業を「虚業」と言ったりしたが、球を蹴ったり、打ったり、絵具をぬり重ねたり、文字を連ねたり…それでお金が儲かる…それらと何が違うのだろう?と思う。
 
オレ、マジでサッカー好きなんですよ。マジで、もっとサッカーやりたいっす―言葉だけを取ってみれば、なんとも幼稚な発言だ。でもそれを彼は涙を流し、語る。それを聞く者も涙を流している。それも年齢をかさねた大人たちが、だ。
 
繰り返しになるが、基本、スポーツ選手や芸術家と呼ばれる人種はリスペクトやシンパシーの対象ではない。そのことはきっとこれからも変わらない。変わらないけど、買ってきたホカ弁の存在も忘れて、見続けていた。
生きる為に必要な物。衣食住。でもきっと、それだけでは、本当は生きることが出来ないのだろう。太古の時代ならいざ知らず、今というこの時に、それだけでは生きられない。だから、球を蹴りあうスポーツに魅せられる人たちがいる。具体的には何を描いているのかわからない絵に心を奪われる人たちがいる。
 
オレ、マジでサッカー好きなんですよ。マジで、もっとサッカーやりたいっす―これっも、繰り返しになるが、なんとも幼い表現である。でも、だからこそ、とても心に響いてくるのだろう。
 
サッカーが好きでも、彼が好きでもないのに、その日、ニュース番組をいうニュース番組を見続けた。その合間にはネットで彼について調べた。
 
わがまま。生意気。もっともファンに愛された永遠のサッカー小僧―松田直樹。
 
オレ、マジでサッカー好きなんですよ。マジで、もっとサッカーやりたいっす―確かに、永遠のサッカー小僧だ。30過ぎとは思えない純真な言葉と涙、そして笑顔。
 
辛いことも、苦しいことも、嫌なことだってあったはずだ。人生だもの。あったはずだ。でも、彼は言い切るのだ。「マジ、好きなんです」と…。
 
不謹慎にも、つぶやいた。
「松田さん、羨ましいよ」
 

迷子の遊園地オフィシャルサイト

今何かに「迷い」を抱いているなら・・・「独りぼっちじゃない」

7月に公演を終えましたが、次に向けて始動します!!そこで、劇団員を募集中!!
経験、性別不問!!16歳以上からOK!!

 

作風からしても、その取り組み方からしても、決して「間口の広い」劇団ではありません。(7月公演前に6人が入り、2人は公演前に去り、一人は公演後に去りました)でも、だからこそ「これまでに見たことない風景」に出会えるはずです。

 

もちろん、そこへの道のりは簡単ではありません。迷い、足掻き、ヘトヘト、ヘロヘロになります。手触りのいい、耳触りのいい事で溢れてなどいません。全ての感動や答えや喜びは「辿り着いたその先」に待っています。そこまでは「苦」です。

 

それなのに「なぜ、続けるのか?」「なぜ、人を求めるのか?」それは、知っているからです。その道のりを繰り返すことで発見と船長があるという事を、自分の存在証明を手に入れられる事を、他人と心から通じ合える事を、迷いを直視することで確かな自分を見つけられる事を。

 

迷子の遊園地 劇団員募集
http://eso.under.jp/boshu.html

 

演劇なんてものは誰かに言われてまでやるもんじゃない。ましてや、無理をしてまでやるもんじゃない。それをわかっていて、それでも止められない衝動を持っているものが足を踏み入れる。迷っているのなら、やめておいたほうがいい。誰に何を言われても、突き進みたいのなら、まずご連絡を。 ― 主宰・藤田ヒロシ

迷子の遊園地オフィシャルサイト

| 1/62PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM