■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

表現の自由さ

『予め用意されている自由』と『何かしらの抑圧の中から飛び出してきた自由』では性質が違うな・・・なんて事をぼんやり考えて居た時に【表現の不自由展 その後】のニュースが流れて来た。

 

以降、「自由」について考えるとそれは「表現の自由」について考えるになり、それは行ったり来たりな状態でなかなか先に進まない。しかし、このままフェードアウトは最も避けたいので、ここで"現在地"を記して置く事にする。

 

あいちトリエンナーレ自体はこのニュース前から知ってはいた。今は閉じたがツイッターの個人アカウントで津田大介氏をフォローしていたからだ。またラジオでもトリエンナーレついての情報に触れて来た。その時は多くは「出展者の男女比を同じにした」といういわゆるジェンダーに関する事柄が多かったが、いよいよ開催を迎えて・・・となっての今回のニュースである。ちょっと虚をつかれた。嗚呼、アカウント閉じなければよかった(笑)

 

芸術監督が芸術畑の者でなくジャーナリストという点は"違和感"と共に"独自性"を期待させるが、同時に"方向性"を事前に明示してしまう危険もある。特に津田氏の場合はその"色"は濃く示す矢印は太い。そう言った予断が生じるのは充分に想定できる上で【表現の不自由展 その後】を企画したのだから、津田氏や実行委員会の方々の覚悟は疑いたくはない。そこを疑う事は、芸術や表現に対する覚悟を持ち合わせなくともその地位に付ける、またはつかせてしまうというこの国の芸術や表現に対する無覚悟いや無関心を感じてしまう・・・それは余りに辛く哀しい。なので僕は「津田氏に覚悟がなかった」という種の批判はしない。僕は津田氏を批判するのであれば、それは『なぜ自分の"色"を"利用"しなかったのか?』という点だ。

 

今回の件で最もクローズアップされている少女像は作品タイトルがどうであれ、作者の意図がどうであれ、韓国国内はもちろん世界中の多くの場所に同種の像があり"戦時下における女性の人権蹂躙"を訴え、更にこの国では"従軍慰安婦"に関する韓国側の主張の象徴として認知されている。像の横に置かれた椅子に座る事で、またはその空いた席を見つめる事で、それまでの認知とは異なる一面を感じて貰えると信じての展示だったのだろうが・・・像の"色"もまた濃かった。

 

芸術監督の色、像の色、その他の作品の色、それらが相乗効果により一層色を濃くしていったのだろう。芸術イベント自体が独自の色と濃さを持つのは問題ではないが、観る者はそれぞれの営みの中で、情報に触れ、体験をし、想いを抱き、知識もあれば、先入観もある。会場外で既に感じている(感じる事が出来る)色をただ濃くするだけでは「独自の色」ではないし、観る対象の既存の色が濃ければ濃い程、それらを越えて異なる一面を感じさせる事は容易ではない。

 

異なる一面を感じさせる事は既存認識を壊す事である。にも関わらず既存認識をより強固にするような作品群なってしまった。その事が今回の問題の論点の一つである「あれは芸術か?政治活動か?」を生じさせたと感じている。仮に「津田大介」と聞いて思い描く"色"とは"異なる色"を持った作品が数点(もしかしたら一点でもいいのかもしれない)あったとしたら・・・どうだったろうか?(展示作品の選定は芸術監督でなく実行委員会が行ったらしいが、観る者にとってはどっちでも同じだ)「芸術監督がジャーナリスト」と同じように"違和感"を感じたのではないだろうか?そこに色濃い既存認識を越える"独自性"を感じる事が出来たのではないだろうか?作品を介してその場で思考と議論が行われたのではないだろうか?そして、それが意義ある事であればある程、思考と議論は会場の外へと飛び出し、社会に広がり、あらゆる"色の存在"に人々が目を向ける事になる・・・それこそが芸術ではないだろうか?

 

「自分の色を出す」と言う表現があるが、単に濃くするより反対色を使う事の方がはるかに効果的な場合は少なくない。一方で"多様性"を訴える津田大介氏であれば多様な"不自由"に目を向けて”自身の色"という"不自由さ"を越えて”表現の自由さ”を示してほしかった。残念である。

 

しかし、最も残念な事は・・・

 

「表現の不自由」を考える趣旨から言えば今回の中止は、それはそれで意義があった・・・という意見も読んだりしたが、それは違うだろう。展示中止を受けた作品を集め、中止になり、ね、不自由でしょ?では、それこそ既存認識のままだ。それこそ公金をどぶに捨てる行為だ。ましてや脅迫が中止理由なのだ。「ね、不自由でしょ?」では済ませてはいけない。

 


最初にも書いたが、まだまだ思考途中。いま考えているのは『"政治的言論の不自由"に対する意趣返しの道具にならない為に芸術が果たすべき事とは?』である。僕の様な無名な者が何かを考え、何かを言って、何かを行っても、大した広がりは無い。しかし無関心でいられるほど"勝手な"人間ではない。


 


ダサい事はしたくない〜アフタートークやりました

【孤影と接吻】では初めて「アフタートーク」をやったが、上演した作品についてそれを観た者に対してあれこれ説明するのは好きではない。だからこちら発信なんてそんな「ダサい事」はしたくないと思ってはいた。

 

始めに「なぜ一人芝居を、運営も含めて"ぼっち"でやろうと思ったか?」を話した。告知から本番までの間に何人に聞かれた事でもある。このブログにも書いた事(孤独な演劇人の"生き恥"を、いま)をまずは話して、続いて書いていない理由を話した。ここまでは「用意していた」進行で、ここから観客に委ねる事にした。「質問ありませんか?」特別珍しくもないこの一言が場を激変させた。

 

質疑応答にならなかった。僕に対してでなく劇団員に対して言葉を求める者、その中で観た作品ではなく自身を語る者、その決意に叱咤激励を送る者、それに噛みつく者・・・次々と展開していく。「藤田ヒロシ一人芝居のアフタートーク」でありながら全くそこと関わりない話題で盛り上がる。それをステージ上から観ている僕。なんて素敵なじかんだろうと嬉しくなったと同時に申し訳ないとも思った。『お金を貰っている側がこんな楽しい思いさせてもらって」と・・・。

 

そんな事を思っていると自分が標的になる質問が飛んできた。僕や劇団の事をあまり知らない人にとっては観た作品を入口にしないと、会場で椅子に座っているだけで参加している事にはならない・・・という事を理解してる者もいる。本当に素敵な客席で、いよいよ僕は好きではない事に挑む事になる。

 

しかし、そんな僕の個人的事情は些細な事だ。盛り上がった場の空気と言うものがある。当然その中に僕もいる。場に引っ張られるように、飲み込まれるように、作品について言葉を紡いだ。大半が想定してない事だったが、そこは自身の作品、言葉は出て来るものである。質問される事で考える機会を得られる。人が何に疑問や興味を示すのかを知れる。やはりこれもまた質疑応答では納まらない。会話であり対話。上演後に多くの人が残り素敵な"ショー"を作ってくれた。

 

試してみるものである。至極楽しい時間だった。十数年前にギラギラとした時に戻った感覚さえ生まれた。間違いなく僕が一番楽しんでいた時間。僕の作品の観劇という体験だけが唯一の共通項。そこから生まれた笑顔、涙、怒り、喜び。やはり自ら語るのは「ダサい事」だ。


一人と言う幻影〜一人芝居を終えて

"ぼっち"企画、初の一人芝居集【孤影と接吻】から一週間。ようやくこの想いをまとめられたので記す事にする。

 

『劇団員(元劇団員)に向けた・・・』という言葉を貰った。そんなつもりはなかったが、思い当たらなくもない。誰もいない稽古場では「向き合う誰か」を作りだす必要がある。○○さんとはならなくとも△△な人・・・自分の中に実像があるから思い描ける。全くの架空ではなく実態を知る者だ。

 

ここ数年生活範囲が狭くなり、視野が狭くなった自分では(詳しくは公演パンフレットを)その人物は自ずと「近い人」になってしまう。そこにはもちろん劇団員がいる。劇団から離れて・・・それを望んでの企画ではあったが、劇団を完全にナシとして今の自分が成り立つはずもないという現実もある。それを痛感した。自意識よりも作品を通して観客が感じ得た事の方が遥かに的を得ているものだ。

 

作品には自分の真実が投影される。仮にそれに抗ったとしよう。そして、それが出来たとしよう。それは「作品」ではない。少なくとも僕はそう呼ばずにこう呼ぶ。「ただの嘘」と。演技は嘘をつく事、上手な嘘。と表現したりする者もいるが、観る者は「嘘」では心を動かさない。表面的な(セリフ、舞台装置、照明、音響・・・)に嘘=(現実でないモノ)があったとしても、舞台に居る者の中に「真実」がないと観る者は心を動かさない・・・どころか、目を向ける事もない。

 

今回は一人になり120%の自分で作品に挑む事にしたのだから、自分が、その真実が現れるに決まってる。その一つが冒頭の言葉と言う事になる。ただ観劇は個人体験でもある。観る者の持っている情報、置かれている環境、纏っている日常、その日の体調・・・個々に異なるそれらを用いて、影響される。当然に感じ方も変わる。

 

冒頭の言葉は一つの真実ではあるが、だからと言って「好ましい」とは思っていない。そう言われた、その程度だった自分に失望もしている。だからそれを越えたいと思っている。その為により多くの人と、向き合いたいと思っている。生活の中でも、稽古場でも、劇場でも。

 

ツイッターで「新規の観客を得て行く為には・・・」みたいな方法論的な、思考のメモ的な物を見た。広報担当なら積極的かつ適切な情報発信や割引やグッツなどの仕掛けに興味が向くかもしれない。短時間動画とかも。しかし僕は創作者(それも不器用で頑固者)なので、「今どき感」を前面にスマートに・・・と打って出られない。いや出たくない。(天の邪鬼って言うのを付け忘れてはいけない)ならばそうする?答えは単純明快。作品を持って外に出る。観る者が待っているであろう、そうであろうと信じる地へ「外回り」に出るのだ。・・・などと思い、嗚呼やはり!と、認めないといけない真実に出会う。

 

僕はプレーヤーであり続けたいのだ。


【孤影と接吻】公演パンフレットより

農業に携わる様になって5年が経った。それまでのオフィスでPCに向き合っていた生活とはまるで変わって、早起きになり、陽射しや雨、風、季節の変わり目を文字通りこの肌で感じる生活だ。自分がこの自然の中の一部である事を感じる生活だ。


その一方で極端に人と接する機会が減った。【人間嫌い】という資質を持つ身にとっては、それが心地よかった。毎日固定された数名の人間としか言葉を交わさないし、顔を合わせない事で人間関係に神経を疲弊されられる事がなくなった。


このまま心穏やかになり、演劇など創作をしなくても生きていけるかも知れない。


その予感は確かにあった。しかし見事に外れた。自然の一部である自分を感じる一方で、人間社会の一部であるという感覚が薄れて行くのを感じた。毎日固定された数名の人間としか言葉を交わさない事で、不意に訪れる"その他の人"との会話で即座に言葉が出て来ない。"いつもと違う"が楽しいではなく煩わしいとなっていく。広く視界の開けた田んぼの真ん中に立った僕の視野は、古い監視カメラの様に画角が狭く固定されていた。


このまま自分が狭く固定されれば、演劇など創作をして生きられなくなるかも知れない。


その予感にこの身が震えた。【寂しがり屋】の資質をもつ身にとっては、たとえ煩わしくても人と人の間に居る事で生きていけるのだ。ココ最近の自身の作品に自分が不満を持っていた理由を、その全てをこの環境のせいにする事は出来ないが何かの変化を起こさないと、本当に終わってしまうと言う危機・・・いや恐怖に震えたのだ。


追い込まれると行動は早い。(追い込まれないと動かない)と、言う事で約四半世紀振りにコンビニのレジに立っている。性別、年齢、職業、趣味、志向・・・多種多様の人間と接点を持つ事でまず"ストレッチ"から始めようと思ったのだ。


この行動は当たった。多くの言葉を重ねているわけではない。週に数時間だけだが、見えなくなっていた"右端"や"左端"を再び感じ始める事が出来た。良くも悪くも日々心が動いているのを感じる。イライラするし、ムカムカするし、嬉しいし、楽しいし、悲しい。それは自分の中で生まれる感情だが、それを生み出すのは自分でない。当たり前を実感している。独りでは何も生まれないのだ。今回の【孤影と接吻】はその事を痛感する為の"ストレッチの仕上げ"である。

 

藤田ヒロシ


孤独な演劇人の"生き恥"を、いま

自ら立ち上げた劇団に”飽きた”男が初の一人芝居に挑む・・・「迷子の遊園地」主宰・藤田ヒロシが作・演出・出演はもちろん可能な限りひとりで演劇と向き合い挑む"ぼっち"企画

 

そう謳ったこの個人企画。なぜ此処に至ったのか・・・それを改めてたどると多分2016年7月の【心地よく、冷たくて-ツナガレシモノ】の稽古時まで遡る事になる・・・一冊の本くらい長くなり本番までに書き終えれないので割愛(笑)

 

簡単に言えば、ずっと心の片隅にあった「純粋に自分の表現を追求したい」という欲求・・・つまりその不満ということだけれど、それが昨年の東京公演で「嗚呼、そろそろ限界」ってなって、今年5月の【回転木馬の残光 #3】を前に「あ、限界」ってなったわけです。

 

そこで「やりたい事を120%遠慮なくやろう!」となり「さぁ、誰と?」となり・・・・・・???な、わけです。劇団員のさおりとの競演もありとは思いますが、ここ最近一緒に舞台に立っているので新鮮味がない。それに「彼女を越える」という裏テーマもあるわけで(笑)と、なると・・・・・・って周りを見渡すと、いない!!単に人脈がない!!それもある。決して小さくない。更には瞬間的に"あの人"と思いつかないのに"誰か"を探し、見つけて、その人と組んでも120%にはならない・・・・・・でしょ?と言う事で「それなら一人だな→どうせ一人でやるなら全部一人でやってみるか」となって、作・演出・出演だけでなく企画・制作・運営、その他諸々を"ぼっち"でやる事に決めた。

 

実現自体にそんな不安はなかったが、越えないといけない事はある。

 

「感情の交流が演技であり、それによる関係性の変化が物語であり、それを役者の生身の身体で表現するのが演劇」 ならば「一人芝居は演劇ではない?」と言う点だ。基本的に「一人芝居=演劇ではない」という考えの中で育った身としてはずっと一人芝居には抵抗感があった。だから「一人芝居を」とオーダーされた【蒼い無花果】の時は完全な一人芝居では作らなかった。いや、作れなかった。

 

ただ、やってみるものである。知識や情報としてだけのそれでは自分の答えにはあり得ない。可能性は十分にあるのである。例え舞台上に出てくる役者が一人であっても、感情の交流、関係性の変化、が起きないわけではないと、そう思えた。それからいくつかの一人芝居を作り、それを模索しながら、いよいよ満を持して自らが一人の作品に挑むと決めた。

 

今回の【孤影と接吻】がこれまでの一人芝居と違うのは「稽古場でも一人」と言う点だ。劇団員は手伝わないし、シャットアウトである。これはとてつもなく実験的。自身の発した事を受け止め、跳ね返して来る者が相手役はおろか見ている者という立場でもいないのである。しかし当然に本番はお客と向き合うのである。「稽古場で出来ない事が本番で出来るわけがない」とは言うが、それをやってのけないといけないのである。この点については企画発表後に気が付いた(笑)

 

兎に角もう引くに引けない。引く気もないが、劇団創って21年、今年45歳になる孤独な演劇人の"生き恥"を晒しますんで、嘲笑っても、軽蔑しても、涙しても、震えても構いません。この姿、是非とも目撃ください。

 


"ぼっち"の中でいかに"他者と向き合う"か?イチから演技、演劇を見直す作業中!

藤田ヒロシ一人芝居集【孤影と接吻】
2019.7.27(sat)
Pops倶楽部
(浜松市中区田町331-9 マルケンビル6F)
OPEN 19:00/START 19:30※上演時間:60分(予定)

料金[前売]2000円[当日]2500円 共に1ドリンク込

チケット予約 公演サイト https://maigo.link/koei/

 
【上演作品】

この手で触れて
1974年・昭和49年8月30日午後0時45分、東京都千代田区丸の内で時限式爆弾が炸裂した。その約3時間後、214キロ離れた静岡県引佐郡細江町気賀で私が生まれた ― 自叙伝的一作

捨てられない男
『男にとっての理想』だって?アレがかい?なんだそれ?え?『いつまでも乳離れ出来ない生き物、それが男』だって? ― ある男が三人の人間と交わす"会話"劇

 

最新情報は公演ツイッター https://twitter.com/koeitoseppun をご確認ください。


| 1/27PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM