■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

無名な劇団らしく等身大で

台本も書き終え、いよいよ東京公演へと動き出す。(そのまえに同作品を静岡でやりますが)

 

東京は自分の弱さと未熟さを痛感した地なので、「目指す」事を避けてきた。それなのに今年行く事にした。きっかけは「東京へ行きたい」と口にするだけで行動出来ない者たちとの出逢いである。事情は様々だが「東京」へに憧れがあるのは同じ。ならばとそれを利用してモチベーションを上げようとした。そう、目的はそこにあり、実際に東京公演を打つ事ではなかった。

しかし、である。

 

一度自分が口にしたら、もっとも行きたがっているのが自分であることに気が付いた。避けると言う事は意識していると言う事である。気付いた以上は、もう真正面から向き合うしかない。考えれば、考える程に「東京」へ行かなければ「次」へと進めない気持ちになった。動き出したら止まらない。当初は2019年くらいと思っていたが、年末とはいえ2018年に。そもそものきっかけを忘れてしまう程に「リベンジ」モードと「野心」モードで加速していく。

 

正直、僕のリベンジに巻き込んだ。という想いもあったが、それは失礼な思い込みだったようだ。元々憧れていた者、そうでない者、みなが「いま東京公演へ挑む事」に対する自分の意味をいつの間にか持ち合わせている。(ま、持てない者は居続けられなかったのだろう)

 

だからと言って不安がないわけではない。「初めて」は何が起こるかわからない。その不安と興奮を抱え未知に挑む。それが楽しい。

 


「不安」と言えば、製作費と集客である。

 

そこでこれも初となる「クラウドファンディング」をMotionGalleryにて立ち上げた。これにより認知と支援を得る窓口を増やして行こうと。その準備過程で「クラウドファンディング」が「ふるさと納税化」していることに気が付いた。つまり、支援に対するリターンが豪華である。「物」ではなく「事」を返すならば直接的コストは抑えられるかもしれないし、そうすれば手元に入る金額も減らない。しかし、時間は費やす。プロジェクトの実現と成功の為に支援を受付て、そのお礼の為に時間を費やしては、プロジェクト実現の為の労力を削る事にならないか?


やめるか!と思った事もああったが、此処は「初めて」という状況に割り切りを持って「ダメ元」で、恥かく事も覚悟の上で”最小”のリターンで支援を募るという”ゲス丸出し”でやることにした。

 

無名な劇団らしく等身大で。作品もクライドファンディングも。だからこそ、やると決めた事には全身全霊で挑む。

 

 

MotionGallery
https://motion-gallery.net/projects/maigo2018

 

 

迷子の遊園地【離々として連々】公演予定
2018.10.6-7/あそviva!劇場(静岡)
2018.12.1-2/SUBTERRANEAN(東京)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM