■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

誕生祭を終えて 感謝のしるし

回転木馬の残光 -SHIEN- ご来場頂き、ご支援頂き、メッセージをお贈り頂き、ありがとうございました。Pops倶楽部リリーさん、いつも勝手をやらせて頂き(笑)ありがとうございました。「主宰誕生祭」と銘打った今回、皆さまのお陰でとてもハッピーな誕生日を過ごす事が出来ました。

 

回転木馬の残光 -SHIEN-自体がそうではありますが、これまでの迷子作品とは異なるテイストの事に挑戦する!がメインテーマです。それは書き手も演者も。今回は特に”誕生日”ということに甘え、便乗し”楽屋芸”をお披露目しました。


「恥かいてナンボ」「失敗してナンボ」を実践し、若い面々が何かを感じてくれればいいかと・・・終演後のお客さんの厳しくも温かい言葉に成長のキッカケを見つめてもらえればいいかと・・・そんな想いで個々の想いや感性に任せての作品・・・正直「作品」と呼ぶには余りにも拙いものだったかもしれません。もしかしたら「コレをやるならもう迷子は観ない」と思われた方の居るかもしれません。その覚悟は持っての「試演」です。

 

「迷子の遊園地に居れば」「藤田の演出を受けて居れば」それで何処かに辿り着ける勘違いをして欲しくない。「自らの足と手で這いつくばらないと置いて行かれる」と理屈でなく皮膚感覚で知ってほしかった。この歳です。自分が祝ってもらうだけの誕生日ってことはなく、主宰が自らの誕生日に送った劇団員への”贈り物”でもあります。

 

結果は・・・これからです。願わくば、無自覚の域で何かを感じ取り、それが役者としての生活の日々の中で覚醒していくことを願います。その瞬間を見られる事を期待しています。それが僕への”誕生日プレゼント”となるのです。

 


劇中で台本にない言葉を語りました。僕と言う人間を知らないと何を言っているのかわからない、そんな事であったかもしれません。客を入れた状態の舞台上から劇団員にある種の”ダメ出し”を送るなどは禁断、愚の骨頂かもしれません。だからこそ、そのリスクを取ってでも伝えたかった事なのだとお客様には理解してもらえると嬉しい。(誕生日に甘えて)

 

兄や姉の存在に隠れ安心し、一方で自分は”愛されない者”と人の愛情に不感になっていた僕に「それでは私たちの存在は無意味ですか?」「他者と向き合いその先に”私”が存在し得るなら、アナタは誰と向き合っているのですか?」と問いかけて来た者たち。今回の「誕生祭」とその上演作品「すてきな秘密」「ラスト・バースディ」これが回答であり、今なお共い闘ってくれる感謝のしるし。

 


また一つ歳を重ねて思う事は・・・「辛い事はある、人生だもの。それでもやはり全ては生きていてこそ」と言う事。そして、今日も生きている。これからもこの馬鹿者の生き様を、時折々にご確認ください。

 

迷子の遊園地 主宰・藤田ヒロシ(誕生日の夜を越えて)

 

リリーさん!ケーキありがとう!!

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM