■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

指をくわえて東の空を眺めてはいられない

あと11時間‼️お願いします‼️

 

"いま"を生きる事に喘ぐ人々を描く実像劇!「迷子の遊園地」初の東京公演製作支援プロジェクト
https://motion-gallery.net/projects/maigo2018

 

僕自身の事などどうでもいい。散々好きにやって来た。いま死んだら「楽しかった我が人生」と言える。しかし、自分が良ければそれで良いわけではなく、楽しい社会でも、明るい未来でもない。

 

この舞台に一人でも多く"参加"して頂きたい。何故なら政治でも経済でも解決しようとはしない"この時代の問題"に向き合って、生きたい。

 

「大きくなれ!」「"大人"になるな」と言いたい。

「誰かの都合のいい子=自分に都合のわるい子」になるな!と言いたい。

経済の中でしか物事を語れない時代を壊せ!

その時代を継承してしまった世代の"遺言"を聞いてくれ!


名も無き者たちの無謀な挑戦と映ろうとも、指をくわえて東の空を眺めてはいられない。

 

無名だが、無能ではない。

 

 

「誕生日には悪魔がやって来る。狙うはひとりでいる子供。生れた時はひとりではかなったはずなのに、一体いつ独りにこなってしまったのだろう」 迷子の遊園地【離々として連々】https://maigo.link/riri/

 

 


コメント
コメントにしては長くなってしまったのでこちらで。


迷子の遊園地は、藤田脚本ありきの劇団。
出会ってから17年間、これは私にとっての絶対でした。

今回クラウドファンディングをするにあたり、最初の半分は主宰への愛と、恩返しを。

残りの半分は劇団支援を。

でも支援する以上は当時の、ではなく、今の劇団、劇団員への期待を理由にしたいと思い、

ものぐさな私にしては割とマメに、劇団員の皆様のSNSを見させてもらっていました。

でも、どうしても、言葉が琴線に触れない。

この目標?は、本心なのかしら?嘘ではないのだろうけど、書いている本人が一番信じていないように見える。

伝えたい思いがあるのに、なぜ他人に伝わるように言葉を選らばないのか。本人の性格を知っていれば推察できる。でも初見には真意が見えないだろうな。

強い言葉を使って一見外を向いているようで、内向きに自己完結をしているなぁ。

昨年末に伝えましたが、この公演への過程をとても楽しみにしていました。

だから、役者のセルフプロモーションの物足りなさに、正直がっかりしていました。

言葉も、表現ツールだ。

武器だ。

身体や声を操るように、表現者を名乗り、使う以上は、表現者としてのセルフプロモーションが見たかった。

もしくはいっそ、飾らず、ありのままの無垢な言葉を、生きた言葉を紡いでほしい。

みんなに、あなたに、私が、自分は、どのスタンスの角度から見ても中途半端だなぁ〜とヤキモキして、

いっそ残りの半分はOBからのプレッシャーです!と叩きつけようか、なんて思っていたら、

辻さんの
「アナタが求めた光があるように、私にとってはコレが光なのです。」
という言葉が。
あまりに等身大で。

どこからどう読んでも素直なこの一文が、本当に素敵だなぁと。

ありのままの辻さんの想いを強く感じ、心が揺さぶられました。

だから、残りの半分は辻さんのこの一言に。

私は藤田脚本の、気持ちに嘘のないところがとても好きです。

どんな結末でも、やさしい、切ない気持ちになって、すこし心が温かくなる感じが大好きです。

この一言に、同じ読了感、余韻を感じました。

言われるまでもなく頑張るだろうし、頑張るしかないと思うので、頑張ってくださいは言いたくありません。

だから、気持ちを込めて。
ありったけの期待とプレッシャーを込めて、

楽しみにしています。
  • 443
  • 2018/09/25 3:27 PM
443さん

コメント(愛と期待とプレッシャー)ありがとう。各自「空っぽな自分」と「臆病な自分」にようやく気付き始めている頃にこのコメント。絶妙です。

シェアやいいねで誰かの言葉を拝借して自分を装ったり、それさえも怖くてSNSを避け・・・そうやって自分の真実と向き合う事をしてこなかった。それにはそれなりの理由もあり、ある種の「強制」「脅迫」があった。しかし、それは自分が「自分の存在証明」求めた時点で言い訳でしかない。(そうしなければ、何も手に出来ないし変化も起きない)

そう気付き始めているころでしょう。

とはいえ、すさまじい力で心を閉じて、固定して来た者たちとそれを「良い子」として来た時代にあって、僕やあなたの言葉だけではまだまだ足りない。

それもあっての未知の地。

完全に壊れてしまう者も出るかもしれない。その恐怖がないわけではない。しかし、そこに挑んでこその迷子の遊園地であり、藤田ヒロシだと・・・ずっと愛される存在であり続ける為にも。
  • hiro
  • 2018/09/25 7:01 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM