■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

東京公演【離々として連々】2018.12.1−2

静岡・浜松を拠点にする迷子の遊園地 2018年12月 初の東京公演

 

ちぎれ、散乱し、現実?虚構?…不明な景色 これは誰の話でもなく、誰の話でもある

迷子の遊園地 東京公演【離々として連々】
 2018.12.1−2
サブテレニアン
(板橋区氷川町46-4 B1F)

 

12/1(sat)14:00/19:00
12/2(sun)13:00/18:00
※開場時間は各30分前 ※上演時間:90分(予定)

 

料金
[前売]一般2500円/学生1000円
[当日]一般3000円/学生1500円
※学生…高校以上/受付にて学生証提示 ※中学生以下の入場不可

 

チケット
[カンフェティ]https://www.confetti-web.com
[イープラス]http://eplus.jp
[劇団ウェブサイト]https://maigo.link

 

公演サイト
https://maigo.link/riri/

 

 


生まれたその日は一人ではなかったのに、一体いつ独りになってしまったのだろう

 

『何でも貸してあげるよ。嘘ではないわ。だから黙って持って行くのだけは止めなさい。黙って持って行くのは泥棒よ』
繰り返されるあの日。それを見つめるメイド。

 

『お姉ちゃんは本棚の隅に置いておくだけ、遊んだりしない。可哀想。この子はエリー。私のお友達。(人形に)さあ、エリーお姉ちゃんにご挨拶して』
定まらないあの日。それを見つめる執事。

 

『私は人形。人形は誰かの想いを借りて動き、誰かの声を借りて話すものなのよ』
チナがエリーと名付けたその人形が動き出す。ずっとサチの傍にいた人形は何でも知っている?
乱されるあの日。見失うチナ。


妹・チナの誕生日の前日、彼女が姉・サチの部屋から持ち出したのは本?人形?それともその両方?思い出そうとする立ちに違う”お話”の中に彼女は居る。

 

一つの連なったはずの記憶はちぎれ、散乱し、あべこべになったり、不明になったり……自分が誰かも、いくつかも、此処が何処かも、錯覚してしまう。知っているあの日に、知らないあの日がある。それを知りたい。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM