■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

落とし前、そして演劇のえの字へ

東京公演から一週間。改めてご支援頂いた方、ご来場頂いた方に感謝致します。皆さんひとりひとりの想いと行動がなければ実現する事が出来なかった公演です。そういう意味でも「ひとりでは何もできない」を再認識する公演でした。

 

さて、今回の東京公演ですが、元々は劇団員のモチベーションを上げる為に口にしたに過ぎません。実現できるなんて思ってもいなかった。しかし、口にしてみると自分が一番それを求めている事に気付かされました。どうやら自分が自覚していた以上に「東京」と言う街に強い思いがあったようです。

 

「演劇のえの字」も知らないままあの街へと向かい演劇の世界に身を置き、地に足の付いていない状態で走り続けた結果、「演劇のえの字」を耳にするのも口にするのも嫌になり、生きることが不快に思えたあの街。愛情や信頼を全て裏切ったあの街の最後。その事の"落とし前"をつけないまま、未だに演劇のという世界の片隅を摘んでいる自分。

 

だからなのだと思います。実に内向的な作品になったのは。いま一度、いやあの街ではそこから始める事が必要だった。

 

「これが最後ではなく、これは次の物語への一本目」

 

東京公演最後の開演前に劇団員に向かって発してきた言葉は己に向けたモノ。結局のところいつだってそうだった。「誰とも向かい合っていなかった」のは自分の方。これまでと違うのはあの街での出逢いと言葉は一切”逃げ場”を与えてはくれなかった。その事が苦しくて嬉しくて、この一週間を過ごした。そして、昨日聞かれた。

「青春の落とし前はついた?」

その問いに何迷う事無く答えられた。

公演の翌日の朝、スーツ姿の人々の流れに逆らい駅へ向う中でこの胸に込み上げて来たのは単なる"懐かしさ"だけではない。すれ違ったひとりひとりに、夢や希望、挫折や嘆き…語らなくとも誰しも背負っている「物語」があるのだという当たり前を見た。僕はもう”流れに逆らっているだけで悦に入っていたあの頃の僕”ではない。

 

いま一度?改めて?いや、全くの新しい想いで、背筋を伸ばし、確かな眼差しで、「演劇のえの字」に挑んで行こうと思う。いや、行く。

 

迷子の遊園地 主宰・藤田ヒロシ

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM