■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

演じる・・・それは怖くて、爽快

久しぶりのWS。参加者同様に緊張。そこでまずはそれを解きほぐす為のレクリエーション的な事から始め、このWSの為に書いた台本(というかシーン)を"演じる"

 

人数的に劇団員と外部からの参加者が同数だったので、それぞれで組んでもらう。当然、初顔合わせ。相手の特徴も出方もわからない所から始まる。せっかくほぐした所に新たな緊張!まずは台本に書かれた設定に沿って"読んで"もらう。そこから個々の組でテキストを分解、解体し、再構築していく作業に入る。

 

「職場先輩と後輩」という関係性が演者の現実に対する認識力や判断力により「部活の先輩後輩」「同級生」「年齢差のある同僚」と変化し、動機が変化し、紙に書かれていない部分を創造し、紙に書かれた文字が言葉になっていく。自然と溢れ出る言葉(アドリブ)もあった。

 

変化をしてゆく様を観るのは実に楽しい。"いまこの瞬間"を生きている、共有している感覚。虚構内の人物を演じる事で、自身の"見せないでいた心"が露わになってゆく。何が好きで、何が嫌いで、その笑顔の内側に何を抱えているのか・・・演じるは怖くて、辛くて、それだからこそ爽快でもある。

 

最後にそれまでに積み上げて来た事を内に持ち、再び”台本通り”に・・・しかしそこに”同じもの”はない。出てこない。最初の"読み"とは全く異なり、個々の組で異なる"人間模様"が現れる。僕が紙に書いただけの「キムラ」と「サギサワ」という人物が、演者の認識力や判断力により現実化・立体化し、確かに其処に生きていた。自然と拍手を送る。


想像以上に充実したWSになった。これも全て参加した者たちが「キャリア、年齢、性別などの自身の背景を置き、目の前の事に向き合い、挑戦し、恥をかき合う」ことを実践してくれたから。いくら僕が口で言っても当人が実践しようとしなければ何も起こらない。そう言う意味で、今回は皆が実践しその相乗効果で、互いに思いもしなかった感情や感覚・・・自己に出逢えたのではないだろうか。ここ最近は固定されたメンバーで創作して来たので、僕としても実に刺激的で改めて自身が大切にしているものを確認できた。だからこう言うしかない。参加、ありがとうございました。そして、また開催してしまう・・・。

 

 

参加者の声(一部抜粋)

 

今日のワークショップでは、普段なかなか出せない感情をぶつける機会が何度かあり、デトックスできたみたいに楽しかったです。失敗しても大丈夫という雰囲気の中、安心して集中することが出来ました。

 

演じるということがはじめてだったので緊張していたのですが、とても面白いWSでした。私は日常生活で感情を素直に出すのが苦手です。そのためこのWSで演技してみて、自分てこういう風に怒ることができるんだな、と新発見でした。
 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM