■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

孤独な演劇人の"生き恥"を、いま

自ら立ち上げた劇団に”飽きた”男が初の一人芝居に挑む・・・「迷子の遊園地」主宰・藤田ヒロシが作・演出・出演はもちろん可能な限りひとりで演劇と向き合い挑む"ぼっち"企画

 

そう謳ったこの個人企画。なぜ此処に至ったのか・・・それを改めてたどると多分2016年7月の【心地よく、冷たくて-ツナガレシモノ】の稽古時まで遡る事になる・・・一冊の本くらい長くなり本番までに書き終えれないので割愛(笑)

 

簡単に言えば、ずっと心の片隅にあった「純粋に自分の表現を追求したい」という欲求・・・つまりその不満ということだけれど、それが昨年の東京公演で「嗚呼、そろそろ限界」ってなって、今年5月の【回転木馬の残光 #3】を前に「あ、限界」ってなったわけです。

 

そこで「やりたい事を120%遠慮なくやろう!」となり「さぁ、誰と?」となり・・・・・・???な、わけです。劇団員のさおりとの競演もありとは思いますが、ここ最近一緒に舞台に立っているので新鮮味がない。それに「彼女を越える」という裏テーマもあるわけで(笑)と、なると・・・・・・って周りを見渡すと、いない!!単に人脈がない!!それもある。決して小さくない。更には瞬間的に"あの人"と思いつかないのに"誰か"を探し、見つけて、その人と組んでも120%にはならない・・・・・・でしょ?と言う事で「それなら一人だな→どうせ一人でやるなら全部一人でやってみるか」となって、作・演出・出演だけでなく企画・制作・運営、その他諸々を"ぼっち"でやる事に決めた。

 

実現自体にそんな不安はなかったが、越えないといけない事はある。

 

「感情の交流が演技であり、それによる関係性の変化が物語であり、それを役者の生身の身体で表現するのが演劇」 ならば「一人芝居は演劇ではない?」と言う点だ。基本的に「一人芝居=演劇ではない」という考えの中で育った身としてはずっと一人芝居には抵抗感があった。だから「一人芝居を」とオーダーされた【蒼い無花果】の時は完全な一人芝居では作らなかった。いや、作れなかった。

 

ただ、やってみるものである。知識や情報としてだけのそれでは自分の答えにはあり得ない。可能性は十分にあるのである。例え舞台上に出てくる役者が一人であっても、感情の交流、関係性の変化、が起きないわけではないと、そう思えた。それからいくつかの一人芝居を作り、それを模索しながら、いよいよ満を持して自らが一人の作品に挑むと決めた。

 

今回の【孤影と接吻】がこれまでの一人芝居と違うのは「稽古場でも一人」と言う点だ。劇団員は手伝わないし、シャットアウトである。これはとてつもなく実験的。自身の発した事を受け止め、跳ね返して来る者が相手役はおろか見ている者という立場でもいないのである。しかし当然に本番はお客と向き合うのである。「稽古場で出来ない事が本番で出来るわけがない」とは言うが、それをやってのけないといけないのである。この点については企画発表後に気が付いた(笑)

 

兎に角もう引くに引けない。引く気もないが、劇団創って21年、今年45歳になる孤独な演劇人の"生き恥"を晒しますんで、嘲笑っても、軽蔑しても、涙しても、震えても構いません。この姿、是非とも目撃ください。

 


"ぼっち"の中でいかに"他者と向き合う"か?イチから演技、演劇を見直す作業中!

藤田ヒロシ一人芝居集【孤影と接吻】
2019.7.27(sat)
Pops倶楽部
(浜松市中区田町331-9 マルケンビル6F)
OPEN 19:00/START 19:30※上演時間:60分(予定)

料金[前売]2000円[当日]2500円 共に1ドリンク込

チケット予約 公演サイト https://maigo.link/koei/

 
【上演作品】

この手で触れて
1974年・昭和49年8月30日午後0時45分、東京都千代田区丸の内で時限式爆弾が炸裂した。その約3時間後、214キロ離れた静岡県引佐郡細江町気賀で私が生まれた ― 自叙伝的一作

捨てられない男
『男にとっての理想』だって?アレがかい?なんだそれ?え?『いつまでも乳離れ出来ない生き物、それが男』だって? ― ある男が三人の人間と交わす"会話"劇

 

最新情報は公演ツイッター https://twitter.com/koeitoseppun をご確認ください。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM