■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

インスタグラム友だち追加

ジュリー・アン・スタンザックWS体験レポ‐さおり

8月。24(土)25(日)、ワークショップへ参加してきた。本来参加したかった公演を行うものへのワークショップ参加は叶わなかったが、同じ講師の二日だけの方へ。

 

ジュリー・アン・スタンザック。彼女の経歴を知って、私は飛びついた。
10年くらい前かな・・・。私は何気なくチャンネルを変えながら見ていたテレビでふと舞台の映像に目が止まった。
ピナ・バウシュの「カフェ・ミュラー」という作品だった。
初めて目にする舞台。台詞はなく、同じ動きの繰り返し、踊りのようでそう軽快でもない動き・・・最初は何なんだろうこれは?と何をやっているのか分からなかったが、次第に目が離せなくなり見入っていた。しばらくして、私は気付いた。
「愛だ!これは愛を表現しているんだ!」その静かな暗がりで動く人達の身体をみていて愛を感じた。すぐさま名前をメモって忘れないように唱えた。「ピナ・バウシュのカフェミュラー」・・・・。
その事がずっと心にあってずっとずっと私を温めていた。

ジュリー・アン・スタンザック、彼女はピナ・バウシュが率いていたヴッパタール舞踊団に主要メンバーとして当時既に所属している。ピナ・バウシュを知る人、あの世界を知る人!これを見逃すなんてありえない!!

実際、ワークショップは素晴らしいものだった。


カテゴリとしては「ダンス」。私は一切ダンスというダンスをやってきた事がない演劇人、それはそれは場違いな空気の一人だったし、初日の待ち時間は心がプルプル震えてた。身体もがちがち。
でも、彼女を目の前にした途端、安心感と心地よい緊張感があった。新しい何かに触れられる、また何か新しく始められる。わくわくでしかなかった。
ツールは違えど、表現するということに違いや垣根はない。大切な事、必要なものは同じ。全てが尊く、崇高。無駄な物など何一つなかった。何一つ。何一つ!彼女の言動全て取り込むのに頭も身体もフル回転、、、出来てたか分からないけど、集中していた。皆。

 

彼女は二日間のワークショップを終えた最後の最後、一人一人とハグをしてお別れをしてくれた。
彼女と出会った事で、彼女の魅力だけでなく、表現への純真さ、崇高さ、尊さ、誠実さ、真実、愛、思考する事、表現をするということ。大切な物、必要な物、たっくさん教えられた。あの身体に秘められた踊ることへの情熱は永久不滅なのだろう。
私はこんなにも美しく、強く、洗練された人に出会った事がない。これまで、私の人生でいない!いない!この人こそ、私の憧れるべき人!遂に出会ったのだー!と私は気付いた。
目指すべきものを得た気がしている。

二日とはいえ、色々無理をしてしまったけど、行って良かった。行って良かった。

 

それに、こんな見知らぬ場所にも私を助けてくれる人がいたという感激が二日間の力になった。
ワークショップ参加者の女性の方。彼女は緊張でがちがちだった私を優しくサポートしてくれた。何故わざわざこのワークショップへ浜松から来たのか、何をやっているのか、今どんな気持ちなのか、全て聞いてくれて、その想いに心を寄せてくれた。そしてその想いをジュリーさんに伝える機会をつくってくれた。
(私の言葉をそばにいて英語に訳して伝えてくれました)

ジュリーさんに私の想いは伝わったようで、とても感激してくれた。優しく包み込むように抱きしめてくれた。本当に幸せな時間だった。


私はなんて運が良いのだろう。こんなにも助けてもらい、素晴らしい時間を過ごし・・・・。
サポートしてくれた彼女にはお礼をいくら言っても足りないくらい。まだ、足りない。またどこかで会いたい。本当にありがとうございました。

 

帰りの電車で私は全ての物が愛しく尊く感じ、風景全てが輝かしく、自分はすぐに消えてなくなってしまいたい気分だった。自分はもうどうでもいいと。
この世界の全てが美しい、そしてくだらない。
この世は美しいもので溢れている、なのに余分な物が多すぎる。
したい事が沢山ある、だけどどれも無意味な気がしてしょうがない。

全身指や足の裏まで筋肉痛になった。

全て愛しく尊い時間だった。私の宝物にする。

 

●スタジオのブログにレポート出てます。写真も掲載されてるので、是非読んでみてください。
http://a-tanz.com/architanz-workshop/2019/08/26201522

 

(9/2 facebookより)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Related Sites

オフィシャルサイト

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM