■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

インスタグラム友だち追加

心配、期待、愛情、恐怖、そして自立

全く記憶にはないが0歳時に肺炎で入院をしている。兄、姉と経験して来ての三人目、出産・子育てに"慣れ"のあった親にとっては想定外の嬉しくないサプライズ。入院した病院がちょうど父の同窓生宅の近くで、母はお風呂を借りたり仮眠をさせてもらっていたと言う。その家にも僕と同じとしての子供がいる。母の心情は理解できたとしても、自分たちも子育て真っ最中、その中で僕をサポートする母をサポートしてくれていた。「念の為、大きな病院で診てもらって」と紹介状を書いてくれた医師といい、実に素敵な大人たちに恵まれ私の命は繋がった。ただ、その事への感謝を示す為の話ではない。

 

そんな人生のスタートを切った私は当然に「心配される存在」として育った。事実、小学生の事はよく高熱を出し、そうなると最低でも三日は寝込む。余りにも当たり前の様に「三日間は寝ないとね」と言われ続けたので、当時の私は誰もが熱を出したら三日寝るものだと思っていた。なので小学校に上がり風邪で休んだ翌日に登校して来る同窓生を見て「なんで寝てないの?」と思っていた。

 

「心配される存在」それが私のポジション。末っ子だと言う事も手伝い母に甘えるだけ甘えた。母もそれを受け止めてくれた。「男の子は外で元気遊ぶもの」と思っていた父はどう接していいか戸惑った。兄の様に泳ぎやキャッチボールを教えることが出来なかった。全く教えてもらわなかったわけではないが質は問われなかった。"やれる"という形だけでOKだった。私は決して「期待される存在」ではなかった。だから憧れた「期待」。出来もしない事を出来る様に振舞い、"背伸び"をし、気が付くと「出来ない」「わからない」と口に出来ない子になっていた。かと言って実際には「期待される子」「応えられる子」になっていたわけではないから、自分の無能さを痛感する度に口を閉ざしていた。

 

「劇団員の愛情に対して不感」と言われるが、多分ここに起源するのだと思う。主宰として期待され、出来る人と憧れられたり、尊敬されたり……それは憧れて来たもの。それを手に入れたくて"背伸び"を含め必死にアピールをする。しかし所詮は憧れだけでしかなく「期待」には接して来ていない。実感もなければ「応え方」もわからず口と閉ざす……。

 

「心配される存在」として"心配"が「代表的な愛情」として認識してしまった私には"期待"に愛情を感じる事が出来ないどころか、自分の無能さを露わにする"恐怖"と言ってもいい。トコトン甘えん坊なのである。それを隠す為の主宰としての”自身に満ち強権的な”立ち振舞い……。

 

そんな思春期の様な自己分析をこの歳になって再びやっていた。そのきっかけは劇団員たちである。やりたいと宣言する事に一心になれない彼女たちが「なぜそうあり、なぜそれでも憧れを口にするのか?」に向き合えば、当然に自分のそれにも向き合わざる得ない。彼女たちの存在が私に機会を与え、教えてくれた。そしてそれが"役割"であったかのように、私の元を去っていった。

 

その置き土産が【11月16日】だ。それに最大限の感謝を込めて応えるには……と、怖いくせしてつい"背伸び"をする性を少し恨みながら考えた。その結果が共通の台本を元にそれぞれに一人芝居を再構成するというさおりとの競演【孤影と接吻 #2】だ。

 

 

彼女は公私のパートナーであり、ほんわかとした空気の中に優しさと強さを内包する。私は「心配される存在」であり「期待される存在」でもある。出会った時の彼女は"素人"だったが、20数年を共にし、すっかり"舞台役者"になった。その点に置いては私を越えている。しかし、まだある伸び代の未自覚やその反動の様な行動力に、彼女は「心配する存在」であり「期待する存在」であり、唯一無二の存在である。

 

その彼女との競演は何をもたらすのか?今は何も見えない。いや、見ようとはしない。「期待」は"恐怖"。得意ではない。ただ精神的にも肉体的にも変化の時を迎えている二人が"当り前"となっていた創作プロセスを捨て「個」として向き合う事で、心配、期待、愛情、恐怖、唯一無二の存在……"当り前"あるのではないと再確認出来るだろう。そして、それは互いの「自立」を意味し、より深く向き合う事に繋がり、それこそが今後の『迷子の遊園地』に必要不可欠な"チケット"になるのだろう……と、結局「期待」している(笑)

 

なぜ【11月16日】が置き土産か?それはまた別の機会に。

 

一人芝居集【孤影と接吻】#2
2019.11.16 SAT

[マチネ]15:00 [ソアレ]19:00
浜松Pops倶楽部
前売2000円 当日2500円 (1ドリンク付)

 

詳細・チケット予約
公演サイト https://maigo.link/koei/ 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Related Sites

オフィシャルサイト

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM