■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

見直しの時来たり!?

【孤影と接吻】#2を終えて一週間、改めてご来場の皆様、関係者に感謝申し上げます。

 

「11月16日」この日に公演を行いつもりは全くなかったのですが、とある事情が生じて公演を打つ事になりその事についてのあれこれを公演後に書くつもりでいたのですが、今そんな気分は全くもってありません。

 

「そんなことはどうでもいい」と言い切れるほどの"難題"が生じたのです。

 

終演後にまず思った事。それは「出来ていない!」でも「出来ていない?」でもなく「全然、出来ていない!?」でした。自分の中に残っている感覚・余韻はありました。でもそれが一体なんであるか?何ゆえそれがあるか?が全く分からない。初めての感覚。

 

「良かった」も「駄目だった」も、掛けられた言葉の中にはありましたが、その理由も含めどれもストンと心に落ちず、自分が「一体なにを演ったのか?」「そもそも演ったのか?」・・・言葉を貰えば貰う程に分らない始末。

 

それは一週間くらいでは"出口"は見えない、つまり次への"入口"も見えない。

 

それでも自身の演技や台本、演劇をやる言う事、劇団であると言う事・・・あらゆる事に対して"ゼロから見直す"その時期なのでは?という気がし始めて来た。今は「演者」としての自分を軸に、演劇とそれを取り巻くものを見て行こうと思う。

 

・・・と、言っても次まであまり時間がないのだが(笑)

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM