■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

インスタグラム友だち追加

演技を求めて〜オープン稽古レポート

12月22日(日)に「オープン稽古」を開催した。これは僕自身が自主稽古する際に"一緒にやりませんか?"と言うもので、僕が講師となるワークショップとは全く異なる。共に「演者」として向き合うものだ・・・と、言っても参加者は居なかったのでひとり稽古となった。(今年最後がそれである。なんとも寂しいが、今年を象徴しているとも言える)

 

さて、今回やりたかった事はと言えば『演技』の"技"の部分である。僕はそれは『再現力』だと思っている。話す、動く、止まる…それらは日常的に行っている取り立てて特別な事ではない。例えば「笑う」ちょうど昨夜M-1があったが自分が面白いと感じれば、笑おうと思わなくても既に笑っている。それは当然、自然でリアルで嘘がない。しかし、それを"M-1を観ている者の反応"として再現しなさい」となると・・・そうそう簡単にはいかない。だからこそ其処に"技"がある。

 

『再現』なので既に起きた事を再び起こすのだが、この「起きている事」を何と捉えるか?先の例で言えば「笑ってしまった」事…ではない。その時「自分の感情・感覚が何に対して反応し、身体がどう反応したか?」だ。「笑ってしまった」はそれらの"結果"でしかない。つまり「笑う」という行為のメカニズムを知る必要がある。

 

その為にはゼロ地点、基準がないと測れない。そこで「フラットな自分」を知る。が今回の目的である。

 

まずは歩いてみた。ここ数カ月かけて"歩き方"自体の見直しはしている。足裏への体重の掛かり方、膝の高さ、骨盤の角度、胸の開き、肩甲骨の…と、それらを意識する事で最初は非常に硬い歩き方になる。この硬さがヒントになった。

 

硬い身体は『跳ね返す身体』となる。自分が居る環境内の変化を跳ね返す、影響されない、反応しない。そして、観る者の視線を跳ね返す。「フラットな自分」そのひとつは「反応できる、影響される身体」ではないか?ということでそれを探る。硬いではないなら柔らないとなるが、だからと言って"意識のない身体"でも"無責任な身体"でもないわけで…歩く、歩く、力んで歩く、抜いて歩く、考える、そして歩く。

 

そうしている内に気がついた!「あの感覚」が何であったか。「あの感覚」とは11月の一人芝居の稽古、本番で感じた「客が"居る"ではなく"ある"」という感覚の事だが、それが一体どういうことだったのか?自分に何が起きていたのか…それを知る糸口が明確に見えた。

 

舞台の上(物語の中)の世界で向き合うべき相手と向き合う事とき、客席という世界に居る者たちは「ある」のである。もしその者たちが「居る」では其処へ向きう事になる。それ自体が駄目と言うわけではなく、まず向き合うべき相手に向き合う事であり、それを疎かにして客席に向き合うと、舞台に居る人間の"観せよう"とする意識と客席に居る者の"観よう"とする意識が衝突し、跳ね返すのだ。これまでは…と、いうより2013年に名称を【迷子の遊園地】に戻してい以降、その衝突とそのエネルギーを求めていた。しかし、此処からはそれではない「演技」を求めたいのだ!と、自覚より先に求めていたのだ。

 

「舞台の上(物語の中)の世界で向き合うべき相手と向き合う事」当り前と言えば、当たり前だ。しかし、だからこそ難しい。落とし穴がある。其処にばかり気を取られれば舞台と客席が完全に分断され、世界は交わらない。観る者を物語へ招き入れる事が出来ない。つまりは空間が劇場のままで例えば「夜明け前の海」「小さなアパートの一室」「秋晴れの公園」などにはならないのである。「居る」ではなく「ある」のだ決して「居ない」でも「ない」でもない。

 

跳ね返すのではなく、受け止める身体、そして演技 ― かつて【演劇団S.O.】と名乗っていた時代。「生活を覗き見している様な…」「ドキュメンタリー映画の様な…」と言っていた時代。「急がば回れ」ということか…いま、演技を考える事がとても楽しい。。


ようやく始まったこの思考錯誤。確定的な事は伝えられませんが、共に思考錯誤してみませんか?…ということで、1月も「オープン稽古」やります。

 

【開催日時/会場】
1月29日(水)19時〜21時半/西部協働センター

【募集要項】
[参加資格]15歳以上 経験不問
[参加費]200円(会場費一部負担)
[募集数]5名程度
[詳細・応募]https://maigo.link/workshop.html


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Related Sites

オフィシャルサイト

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM