■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

インスタグラム友だち追加

オンライン朗読「12人の優しい日本人」を観て

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

先日、リモートでオンライン朗読された「12人の優しい日本人」を観た。その時に感じた事を書きたいと思う。(作品自体の感想ではない)

 

一言で言えば『名のある役者による名のなる作品だから成立したもの』だと思う。当然に台本自体はリモートや朗読と言った方法で披露する事を想定していない。その中で役者陣は上半身しか映らない四角いフレームの中で可能な限り演技をしていたが、実際にそれだけでは伝わらない部分は多い。

 

冒頭からしてそうだ。映し出されている役者陣は全員"座っている"が物語的には"まだ着席していない"のだ。しばらくして「席順どうします?」となり"ああ、今は部屋に入って来て立ったままなんだ"となる。他にも12人うちの誰と誰がいま"グループ"となって話しているか?もわからないし、「おい、君」とか「ちょっとあなた」と呼びかけても誰に対してかわからない「はい」と返事(受け)があって初めて"この人か"となる。

 

"伝わらない""わからない"と書いたが、それは"画面から"であって実際の私は記憶にある「12人の〜」を思い出しながら補完して観ているので正確には全く"伝わらない""わからない"わけではない。

 

この事から、やはりこれは「代用」なのなど感じた。この朗読を聞きながら、過去に舞台または映画を観た人はその経験と記憶を持って脳内に映像…登場人物の動きを再現する。初見の人は"舞台で観たい"と抱いただろうし、せめてもと映画版をレンタルしたかもしれない・・・"実際はどうなのだろう?"と・・・。

 

繰り返すが、台本自体が今回の事態を想定し書かれていないので、この事は良い悪いという話ではなく、実際にやってみた結果。そして、そういう事が見えた以上、これからやるのであればその辺りの課題に対して解答をもって臨まなければならない。

 

私が演劇に触れ始めた頃に人気を博していた劇団の人気作品。当時のメンバーが集結した今回の朗読。そのノスタルジーさも受けた"感動"に当然含まれている。初見の人でも今や映画やテレビで観る役者となった人々だ。ある意味で"安心"して観られる。少々暴力的だが表情を観ているだけでも感動することもあるだろう。

 

だから最初に書いた『名のある役者による名のなる作品だから成立したもの』だと私は思っている。これを面白いと思い、真似をしてみても無名な者たちでは実力云々の前に成立しないだろうから絶対に真似しないし、だからこそ演劇をやってきた者がリモート、配信という手法で何が出来るか?というここ最近の難題の難易度がさらに上がった気分だ。

 

 

その翌日、SPACの『くものうえ⇅せかい演劇祭2020』という試みを報じるローカルニュースを観た。SPACの芸術総監督宮城氏が『ふじのくに⇄せかい演劇祭2020』の中止が決まった時に「カニがない時にはカニカマ」的な事を言ったらしいですが、多分それは"カニの代用品としてのカニカマ"という意味ではなく、いまや"カニカマ"という独立した食材になっているそれであり、舞台芸術におけるそれを模索すると言う事なのだろう。(そう解釈して私は「カニがない」三部作を書いたが…)

 

このコロナ禍。今までは"代用"としてリモートや配信があった。しかし、この流れの速い時代、それはもう消費され切っただろう。でも映画ではなく、テレビドラマでもない、カメラを通して観せる映像演劇と言う形は未だ開発の段階だろう。一方で、そこには手を付けずコロナ禍以降の新たな時代の新たな演劇を模索している人も多いだろう。

 

劇場やカンパニーの存続云々も含め「元に戻る」ことはない。その事は演劇に関わる多くの人の共通認識だろう。情熱をもって取り組む人がいる限りいずれ確立したものが生まれる。だからいま一番心配なのは"こんなに不安定で、社会的にも弱者な舞台演劇"をわざわざ選択する新たな人が生まれないのでは・・・という思いだ。そう思うと"いずれ確立したものが生まれる"なんて悠長な事は言っていられない気もする。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Related Sites

オフィシャルサイト

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM