■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

インスタグラム友だち追加

たまには純粋な愚痴を

この週末幾つかお誘いを頂いたが、どれも受ける気なし。何をするにしてもお金がかかる。それを費やす価値があるのであればいちいち細かい事は気にしないタイプだが(少しは気にしなさい。給料日前に困ります)、その価値が見いだせない。「いろいろあるし、行った方がいいかな」と算段してしまう。そして算段して逢う仲ではない(と思っている)ので、受けない。行かない。今は「<お金」なのである。

 

なんでもかんでも「コロナ」のせいにして根本的な問題点を見失いたくはないが、「もっと演劇に時間を!」とのおもいから今年初めに仕事を変え。ライフスタイルを変えた。これが裏目に出た。多分、経済的には変えない方が安定していた。時間も取れた。どうにか今週くらいから微調整に入り、来月には「当初の予定」に近づくだろうが、肝心な「演劇時間」が取れない。というか、公演がね・・・。

 

公演が思う様に打てないのには金銭以外にも人員の問題もある。20周年記念公演以降退団が相次ぎ、昨年には3名に戻った。自主公演を打つとなると外部から招く必要がある。もともと交流の少ない迷子の遊園地、しかもコロナ禍、声をかけるのもままならない。新たな団員も入って来ない。(本気で探せ)

 

場所の問題もある。「もっと演劇に時間を!」は「浜松以外で公演を!」と同意で、静岡市など県内はもちろん(嗚呼、東部に行きたい!)お隣豊橋市や京都、大阪の関西圏、もちろん東京へ再びとも思っていたが、今はちょっと難しいと思ってしまって動けていない。

 

ではせめて市内で!となっるのだが、何処で?となる。「今までやっていたところは?」と思うかもしれないが、今は「劇場」でやりたいのだ。「演劇を上演すればそこが劇場」という思いから施設の分類として劇場でなくても公演をして来たが、今は分類としての劇場でやりたいのだ。帰りたいのだ。

 

ないよね、浜松って・・・となってしまう。

 

ああ、いっそのこと時流に逆らない東京にでも移住しようかな。

 

ないよね、お金が・・・となってしまう(笑)

 

ならいっそう、朝から晩まで身を粉にして働いて「人生、お金」と言い放って生きて見るか!と考えてはみる。コロナ禍だろうがなんだろうが人手がなく、働ける場所はある。(提供する労力と給与が見合っているかは別)それも悪くない。悪くないが「どうしたの?」と言われると「コロナでね」と言ってしまう。そのせいではないはずなのに。だから、いまその選択はない。

 

演劇を辞めるも同じで「なんで?」と来かえると「コロナでね」と言ってしまうだろうし、勝手にそう思われるだろう。それは嫌なのだ。辞めるチャンスはいくらでもあり、それでも人生の半分以上の関わってきた来たものを自分の納得や限界とは全く違う要素で終わるのは嫌だ。もちろん、人生なんてそんなもの。不条理。と知ってはいる。それでもここまでそれを"無視"して"大人"にならないで来たのに…46歳という何とも半端な時にそれはしたくない。「なら30歳の時に」と人生を悔いてしまいそうだ。

 

・・・と、書いていたら何を書こうとしていたか忘れた。「ま、いいか」・・・何も"解決"はしないけど。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Related Sites

オフィシャルサイト

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM