■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

インスタグラム友だち追加

わからない私の省略

私には血の繋がりはないが"四人の娘"がいる―

 

そんな書き出しで始める文章を、このブログやSNSで何度書いて来たことか?先ほどこのブログに書いた『わからない私とはだかの王さま』内で登場する「見えていないフリをする者」は全てがと言う事ではないが彼女たちの事である。

 

付き合いの長さがのせいもあるが上から二人は確実に自覚があるだろうし、三番目もそれが愛情の証と思っているかも知れない。末っ子はまだまだ自分の事で手いっぱいかも知れないが(笑)、いずれわかる時が来て姉たちとそれを肴に酒を呑むだろうが、ここで書きたいのは娘たちの話ではない。

 

娘になり損ねた者―その、いま明確に思い描く事が出来る三人を書きたいと思う。(それぞれに書くと長くなるので、まとめてとなってしまう事を当事者にはお許し頂きたい)

 

皆、元劇団員だが彼女たちがなぜなり損ねた者なのかと言えば、見えていないフリを出来なかった者だからだ。ならば『わからない私とはだかの王さま』内にある「フリする事に我慢できなかった者」と言う事になるのかも知れないが、彼女たちはまた少し違った状況にあったと思う。

 

彼女たちはまだまだ未成熟でしかなかったのが、あまりに他者とその成熟度合いを比較し、自分自身に自信を持ててはいなかった。これも『わからない私とはだかの王さま』内にある「跳び箱の例え」に沿って言うなら「6段と跳べる可能性を十分に持ちながら3段しか跳べない」と答えたり「みんなが6段なら私は3段くらいだな」と答えたりするのだ。でもその内側には「きっと6段はいけるし、いずれ10段も跳べるようになる」という憧れよりもずっと強固な意志を宿していた。

 

この内と外のアンバランスさをどうにかしようと迷子の遊園地に来たのだろうが、そこにいたのは「わからない私」である。もちろん最初はそれとは気付かず、私を信じ共に創作する事で自身のアンバランスさを改善し「10段跳びます!」と言える自分に成れると信じていた事だろう。

 

当時は公演頻度が多かったので、言われている事はもっともと思えるのに実際にそれを実行出来ている感覚がないと気付くのには時間はかからなかっただろう。そうだ。私が口にするのはいつだって聞きかじったもっともらしい事で、言っていること自体に大きな誤りはないが、中身を伴わないので成長……跳び箱の段数が増えていく事がない。ただそれが違和感程度だったので、娘たちをはじめとする見ないフリをする事の利などは知れないし、かと言って「フリする事に我慢できなかった者」と同じなわけでもない。故に彼女たちは「娘になり損ねた者」なのだが、同時に「フリする事に我慢できなかった者」にもなれなかった者でもある。

 

そのどっちつかずの状態がこれまでの経験になく、私はただただ困った。嫌われるでも好かれるでもなく、否定されるでも肯定<フリ>されるわけでもない。後退するでも進むでもない関係性が、互いのイライラとモヤモヤを増幅させていった。

 

そんな状態で迎えたある公演。(ここで詳細は割愛しますが)その公演が大きな転機となった。そのままでの関係性では双方にとって利がない。と、ようやく私の腹が決まったのだ。当時の私は彼女たちもまた娘(のような関係性)になってくれればと思っていた。それが今後の劇団の利になると思っていたからだが、それは私の利でしかなく彼女たちには一切の利がない事に気付いたのだ。いや、ようやく認める事が出来たのだ。

 

もちろん三人三様ではあったが、それぞれに劣等感を抱えそれらと必死で向き合おうと闘っていた。その点が誤魔化し続けている私とは決定的に異なり、この違いがある思いへと繋がった。それは、彼女たちは10段を裕に跳べる能力をもっているのではないか?と言う事で、それはそのまま迷子の遊園地いや、私とどっち付かずの関係性を保っていても開花しないのではないだろうか?という思いに繋がり、明確な決別の時が来たのだと知った。

 

しかし、私の予想に反しその決別は簡単ではなかった。違和感を持ちながらも、彼女たちにとって退団……何かを辞めるというのは単純にネガティブなものでしかなかったのだ。辞めると言う事がより適切な環境へのステップアップとはその時点では受け止められなかったらしい。または一瞬でも仲間と信じた者との別れには躊躇があったのかも知れない。とにかく「辞めます」を引き出すまでに、公演後も幾つかの山や谷を通り、互いにそれぞれに痛みを与え、受け、そうやってようやく「辞めます」となった。最後は本当にパワープレーだったので相当に心を傷つけた事だろう。それにより私を恨んで言うかもしれないし、外側の人間には身勝手な我儘主宰となったが、そんな私の評価など彼女たちの未来の前ではどうでもいいことだ。いま、または今後彼女たちが「辞めてよかった」という思いをそれぞれに持っていればそれでいい。

 

私には手に余る無限の可能性を秘めた才能たちは、今その開花に向けてより適した環境でそれぞれに成長をしていることだろう。私にはない本物に触れようとそれぞれの旅をしていることだろう。そして、そう遠くないうちにこれを読んでいる皆さまにと出逢う時が来るでしょう。是非、その機会を逃さないで欲しい。

 

彼女たちの人生の物語にポジティブな要素として登場は出来なかった私だけれど、出逢った事実は変えようがない。しかし、彼女たちが自らを語る時には省略されてよい存在ではある。だから、会えなくなろうとそれはもうとっくに覚悟の上ではあるが、勘違いして欲しくないのは私の側にはあの公演も含め一切の恨みはないと言う事だ。もし、そのように思われる言動が私にあったのだとすれば、それは君たちの持っているものに対する嫉妬に他ならない。そう、当時はそれさえもわかっていなかった私だったのだ。

 


さて、最後に娘たちへ少し。これまでずっと「向こうがそう慕って来るのであれば、こちらが否定する事ではない」と思って来たし、そう慕われる事は確かに私の原動力でした。それは感謝しかない。でもそろそろ、もう私の面倒などはよいのでそれぞれの世界でそれぞれに一層の大輪を咲かせて下さい。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Related Sites

オフィシャルサイト

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM