■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

インスタグラム友だち追加

脱・指示待ち 脱・消費者気質

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

6月14日から「オープン稽古」にて劇団活動を再開しました。この「オープン稽古」とは"講師・受講者という固定的な関係の中で行うのではなく、参加者それぞれが「試してみたい」事を持ち寄って実践していくオープンで主体的な稽古"。

 

なぜ、これを行おうと思ったのか?

 

これまで「ワークショップ」を数年間やってきた中で、また近年演出をしてきた中で、あまりにも「指示待ち」の者が多いという嘆きを解消したかったからです。私は「指示待ち」は絶対に駄目だとは思いません。与えられた指示を的確かつ瞬時に実行出来るのであれば「待ち」でもいいでしょう。でも、そんなものはまずいない。「簡単に出来ていしまう事」をいちいち指示はしないから。

それに、演者個人が、反芻、反復、トライ&エラーを経て現わしたものに興味があり、それこそが「アナタがその役を演じる理由」だと思うからです。私(演出)の指示で動くのであれば、アナタでなく誰でもいいとなります。「言う事をよく聞くいい子」「思い通りに動く人形」は要らないのです。もちろん「全く指示を無視していい」と言う事ではないのですが、その辺を書く始めると話が別方向に行くので……また別の機会に。

 

この「試してみたい」事を持ち寄って……となるといわゆる初心者・未経験者は参加しにくいと思います。その辺りはこれからの課題の一つと考えていますが、実はワークショップでは初心者・未経験者の方が能動的・主体的に動きます。ちょっと経験している"経験者"ほど「待ち」です。それは「演出(講師)の意図を汲む」という行為の誤解が要因の一つでしょうし、何かしらの「正解」を出さないといけないという変な見栄なのだと思います。ちょっと経験している"わかった風"な者ほどやっかいなのはどの世界でも同じなのだろうと思います。ただしこれは"通過儀礼"。ちょっと経験している時期を過ごさないと、経験値を重ねてトライ&エラーを実践する事は出来ません。

 

そんなわけで「もっともっともっと自分がやる事に自分で責任を持って動け!」ということで……演技ぽい事ではなく演技をするために……この企画を実施していく事にしました。

 

それはコロナ禍と無関係ではありません。突然やって来た理不尽的な困難に直面した時に、それまで大した事をしていたわけでもないのに「このままでは駄目だ!」「そんなの許せない!」「絶対に諦めない!」と急にスイッチが入る者がいます。そういうの嫌いなんです。人生を丸ごと芸事に賭けている者の言葉に同調して「自分もそれっぽくなった気でいる」のが嫌いなんです。「それなら本気でやれば?」と言う事なんです。

 

もちろん、皆が皆「人生を丸ごと賭ける」必要はないし、そうまでしなくてもやれる事はいっぱいあります。でも、そこには明確な区別があり、混同は愚かなのです。

 

……って、こんな事を書くと「オープン稽古」に参加しにくい……となるなら、それこそそれでOKなのです。全ては己の想い次第なのです。「敷居を低く、間口を広く」と入り易い環境を用意する事も大切な事ですが、全てがそれである必要はないのです。過剰サービスに慣れ、それを当然として、受け身な"消費者気質"では、観る価値ある演技など出来ないと思っています。


ただ誤解しないでください。「試してみたい」事を持ち寄って……です。反芻、反復、トライ&エラーを経て……です。失敗OK。すぐには出来なくてもいいんです。大事な事は"挑戦"です。それをすると決めた自分を信じることです。そいう意味で、初回は大成功でした!


【今後の開催予定】
6月28日(日)13時〜17時/西部協働センター
7月11日(土)13時〜17時/西部協働センター
7月25日(土)13時〜17時/曳馬協働センター

 

詳細・申込 https://maigo.link/workshop.html


「新しい」になれない私

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

noteに書いた記事を転載)

 

「新しい生活様式」ではないが、何か"新しい"ものに向かっていかないといけない気に駆られたり、その言葉で心の詳細を誤魔化されている気がして来た。そんな中で思うのは「特別に"新しい"必要はない」と言う事だ。新しければ"良い"と言う事もないし、古いから"駄目"という事ではない。問うべきはそこではない。


感情の飛躍

自分でも気がつかなかった自分の中にある感情―自身の多面性を知る。他者のそれを知る。人間と言う生き物の、それらが作り出す社会の多様性・多面性を突き付けられる。そして、また自分でも気がつかなかった自分の中にある ― 感情の飛躍を繰り返し、少しづつ自己を認め、他者を受け入れられる様になってゆく。「いいね」と心から言える。「大丈夫」と「美しい」と「好き」と言える。求めている事はいつだってシンプルだ。それらを嘘なく、漏れなく、伝え切りたい。


たまたまの演劇

求める事を形にするための方法 ― 私のとってそれがたまたま演劇だった過ぎない。求めたソレに近づけるのなら他でも良かった。近づけると信じられるのなら他でも良かった。演劇だから"良い"と言う事もないし、演劇でないから"駄目"という事ではない。問うべきはそこではない。


嘘はつけない

想定外の事が次々に起こる世の中では、わざわざ選んで想定外の感情(自分)に出くわす事を求めないかも知れない。感情的になる事を押さえつけられる現実《リアル》では感情の飛躍は"駄目"な事かも知れない。怖い事かも知れない。数多くの人が想定内に収まる感情や言葉、事柄、色、匂い、それらに多様であると同時に多数であるのだと安心する事を求めているとしても……私の求めているものと異なる以上、ソコに嘘はつけない。

 

 

嘘までついて演劇に拘る理由はないが、"辞める"はない。あるのは求められないから、やる場所を、時を、失うと言う事だ。それならそれでいいのだ。失う事に怯えて、ワクワクしない事をあり続けても、そんな事は私にとっては意味がない。失うならそれが私のやって来たことの結果だ。器用にスマートにやれるならきっと演劇ではなかっただろし、「それが私」と嘘なく、漏れなく、言い切れる。


「正解」などと言う固定化された価値観は存在しない未来へ

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

劇団員募集再開―求める者は『これからの演劇』を具現化して行ってくれる者

 

このパンべミックは仕事の仕方、学び方、生活様式を変えてしまい、世界にある歪や対立、嫌悪または博愛を可視化した。その時代の中に生きている以上「以前に戻る」のではなく「変化していく」事に積極的になるべきだと思います。

 

演劇もその一つ。これまで「演劇」と思いやってきた事が、これからも「演劇」としてやっていけるとは限らない。変わります。でも今はまだ「新しい何か」という漠然とした言葉でしか語れない。それでも動き出す事で、目指す風景が少し明確になっていく事でしょう。

 

今回の募集はその最初の一歩であり『「新しい何か」を一緒に作っていきましょう!』ではありません。『「新しい何か」を開拓していく者』を募りたい。私は「前時代の者」として反省も含めたその経験値を提供したいと思っています。「正解」などと言う固定化された価値観は存在しません。真っ白なこの先に、求めている未来を自由に描いてみませんか? ― 主宰・藤田ヒロシ

 


募集内容…演劇を創作する上で必要な人材

条件…16歳以上の男女(未経験者可)
詳細・応募…https://maigo.link/boshu.html


これからの"演劇"を作っていく、これからの"演劇人"へ

JUGEMテーマ:演劇・舞台

 

このコロナ禍でnoteを始めて、過去作品(主に詩)などを上げていますが、これからの"演劇"をテーマに思いついたアイデアも書いています。これは「細かい事はさておき」のものですし、私自身が実現する云々も考えてはいません。想いのままの思いつきです。

 

ですので「面白い」とか「これ頂き」と思ったら実現して見て下さい。ただし、私程度の者が思いつく事なので「目新しい事」ではないかもしれませんが、これからの"演劇"を作っていく、これからの"演劇人"の何かしらの刺激になればと思っています。

 

藤田ヒロシ

 

藤田ヒロシのnote内マガジン「アイデア帳」

https://note.com/maigonohito/m/m61ee216cb4b7


【カニがない三部作】その参「笑顔 のワケ」

JUGEMテーマ:演劇・舞台

このコロナ禍で演劇、音楽…あらゆる活動が実施困難となっている。そんな中で聞こえた来た「カニがないならカニカマ」と言う言葉。それは「演劇が出来ないなら・・・」を探る、いまを生きる私たちに課せられた問い。その手始めに書いたものがこの【カニがない三部作】です。


笑顔 のワケ
    
カニが好きと言った君 の笑顔
カニカマを食べる君 の笑顔
どちらも愛しい僕 の想い

 

カニとカニカマはそれぞれで比べるものではないと言った君 の言葉
一緒に食べるカニカマは 一人で食べるカニ以上にカニだと言う僕 の想い
どちらも嘘のない互い の本心

 

また君が美味しそうにカニカマを食べている 笑顔で
初めて逢った時以上に
初めて思いを伝えた時以上に
初めてキスをした時以上に
笑顔 の君 それを見ているだけ の僕

 

君のその笑顔に僕は関われているのかい?カニでもカニカマでも、それがあれば充分なのかい?
そうなんだろ 違う? きっとそうだ
そうだろ? 違うのかい? 違わないんだろ?

笑顔を見せる君 の真実
声には出来ない僕 の疑心

 

「何を考えているの?」
君が箸を置いた
「当てましょうか?」
君の笑顔が消えた

 

「カニでもカニカマでも何でもいいわ。おでんでも鰻でもゲンコツ型のハンバーグでも何でも。どれも美味しいもの。美味しい物は笑顔にさせてくれる」
―そうなんだ
「だけどね、独り笑顔でいても、一体誰が知ってくれるの?」
―どういうこと?
「誰も知らない。それじゃ笑顔かなんてわからないじゃない」
―どういうこと?
「目の前にあなたがいるから私が笑顔でいるとわかるの」
―どういうこと?
「向かい合っているあなたが笑顔でいるからわかるのよ」
―え?僕 が笑顔?
「だから何でもいいわ。そこにあなたがいる。それが幸せなのよ」

 

また君が美味しそうにカニカマを食べている 笑顔で
そう僕も美味しそうにカニカマを食べている 笑顔で
どちらも嘘のない互い の理由<ワケ>
 


<< | 2/107PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Related Sites

オフィシャルサイト

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM