■ お問い合せは劇団ウェブサイト【お問い合せ】よりお願い致します。

オフィシャルサイトフェイスブックツイッター

「おかしな朝」インタビュー#5

旗揚げ20周年記念公演 「おかしな朝」

出演インタビュー「水野史奈子」

入団から一年、後輩も入りました。稽古場の雰囲気に変化はありますか?

一年前と比べて、「私」が「私」でいられる場所になりました・・・が、人数が増えてみんな個性的な分、埋もれないように「更なる私」に成長するが必要が出てきて・・・そんな今の状況が大好きです。

「迷子作品」の魅力はどこにあると思いますか?

私は良く思われたくて、つい綺麗事を並べたくなるんですが、そんなところが嫌いです。なので綺麗事だけで終わらない、矛盾とか歪さ、醜さみたいな隠したいものを見せつけられる迷子作品に"居場所"や"魅力"を感じる・・・・・・そんなところかな?

「おかしな朝」の台本を最初に読んだ時の感想は?

"人形"や"本"が動いたり喋ったりするような世界観が・・・・・・

続きは公演特設サイトで!
http://maigo.link/okashina/

迷子の遊園地 旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」

時は流れた。迷子の遊園地旗揚げから20年。時代は変わった。破壊も革命も開放も時代遅れ。「私探しの冒険」などもう誰も求めてなどいない。ならば演劇は一体何を語るべきなのだろう?

[浜松公演]
2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]
2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

迷子の遊園地オフィシャルサイト

「おかしな朝」インタビュー#4

旗揚げ20周年記念公演 「おかしな朝」

出演インタビュー「日浦カズトシ」

入団から一年、後輩も入りました。稽古場の雰囲気に変化はありますか?

男性が増えて居心地が良くなりました(笑)

「迷子作品」の魅力はどこにあると思いますか?

観て楽しかったではなく、重くのしかかるものがある所

「おかしな朝」の台本を最初に読んだ時の感想は?

え、まさかの・・・・・・

続きは公演特設サイトで!
http://maigo.link/okashina/


迷子の遊園地 旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」

時は流れた。迷子の遊園地旗揚げから20年。時代は変わった。破壊も革命も開放も時代遅れ。「私探しの冒険」などもう誰も求めてなどいない。ならば演劇は一体何を語るべきなのだろう?

[浜松公演]
2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]
2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

迷子の遊園地オフィシャルサイト

「おかしな朝」インタビュー#3

旗揚げ20周年記念公演 「おかしな朝」

出演インタビュー「辻ゆう子」

劇団員がぐっと増えましたがそのことでの苦労や楽しさは?

基本的に人見知りなので、新メンバーとご対面の瞬間は、吐きそうなぐらい胃がキリキリ(笑)
でも、人が増えて、新しい触れ合いがあって…急に過去の自分を視る感覚がブワッて来ることがあるんです。そういうところは楽しい…と言うより面白いですね。

正式復帰して初の本公演出演となりますが現在の心境は?

何だか初って感じがしなくて(笑)限定復帰も、スタッフ参加も、短編集も全力だったんで、今まで通り逃げずに戦う。それだけを目指しています。
だけど、正直……今回は今までとは比べ物にならないほど恐いです。

「おかしな朝」の台本を最初に読んだ時の感想は?

「コレやるんですか?え?本当に?」・・・・・・

続きは公演特設サイトで!
http://maigo.link/okashina/


迷子の遊園地 旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」

時は流れた。迷子の遊園地旗揚げから20年。時代は変わった。破壊も革命も開放も時代遅れ。「私探しの冒険」などもう誰も求めてなどいない。ならば演劇は一体何を語るべきなのだろう?

[浜松公演]
2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]
2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

迷子の遊園地オフィシャルサイト

「おかしな朝」インタビュー#2

旗揚げ20周年記念公演 「おかしな朝」

出演インタビュー「北澤さおり」

劇団員がぐっと増えましたがそのことでの苦労や楽しさは?

会話をしたりといった際、自分の気持ちを全員に分散させるのが難しい!一人当たりの気持ちの濃度が薄まる気がして、ちょっとつらい。皆それぞれに同じ分の気持ちを届けたいのに。正にお客さま相手に自分をどう伝えるか?みたいな、これは何かの修行か?
でも、私以外の皆が、楽しそうにワイワイ話しているのを見ていると凄く幸せを感じる。そんな時、多いのも悪くないなって思う。

「20周年」という節目を迎えましたが、この時を迎えられると思っていましたか?

思ってなかった…。全く気にしてなかった。これまで何年やって来たとか、経過時間に浸ったりがなく…あっ!そうか!って言われて最近気付いた。

「おかしな朝」の台本を最初に読んだ時の感想は?

お?これは!20年経って、更に新しい・・・・・・

続きは公演特設サイトで!
http://maigo.link/okashina/


迷子の遊園地 旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」

時は流れた。迷子の遊園地旗揚げから20年。時代は変わった。破壊も革命も開放も時代遅れ。「私探しの冒険」などもう誰も求めてなどいない。ならば演劇は一体何を語るべきなのだろう?

[浜松公演]
2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]
2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

迷子の遊園地オフィシャルサイト

「おかしな朝」インタビュー#1

旗揚げ20周年記念公演 「おかしな朝」

 

作・演出 インタビュー「藤田ヒロシ」

 

― 旗揚げから20年、長かったと感じますか?短かったと感じますか?
長い。もっと・・・例えば10年前に今の心境やスキルに辿り着いていたら、現時点がもっと違うところにあったわけで・・・そういう意味で長かった。でも「無駄なもの」は何一つなかったはずで、全ての出逢い、共感、衝突、不和、別れが今に導いてくれた。そう考えるとこの「20年」がなければ今の心境やスキルもないのかも。
「20年」・・・それはやっぱり「20年」という時間的区切り以上の意味はなく、長いとか短いとか・・・そう評価するものじゃないね。 ただ一番若い劇団員が「旗揚げ時には生まれていなかった」という事実には驚くしかないけどね。

 

 

― この20年で脚本・演出に対しての考え方や感じ方に変化はありましたか?
元々は「作家>演出」な自己評価だったけど最近は逆なのかな?と思う事も。どちらに関してもそれなりに変化はあって「わかりやすさ」とは違うけど、シンプルになっているとは思う。ストレートって言った方がいいのかな?
昔は自分で消化して再構築出来ていない事を、それを見透かされないように上げ底して、デコレーションして「難解」を気取って「賢く」見せようとして、結果「空っぽ」を露呈していた。だけど今はそんな”自慰行為”には冷めちゃった。真の気持ちいい!はそこにはないから(笑)

 

 

― 20周年記念公演となっていますが、脚本の中で意識した部分はありますか?

より見ごたえのある競演が観られるように・・・・・・

 

続きは公演特設サイトで!

http://maigo.link/okashina/

 

 

迷子の遊園地 旗揚げ20周年記念公演「おかしな朝」

 

時は流れた。迷子の遊園地旗揚げから20年。時代は変わった。破壊も革命も開放も時代遅れ。「私探しの冒険」などもう誰も求めてなどいない。ならば演劇は一体何を語るべきなのだろう?

 

[浜松公演]
2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館

[静岡公演]
2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

 

迷子の遊園地オフィシャルサイト

<< | 2/80PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

公演情報

旗揚げ20周年記念公演
[浜松公演]2017.10.28(sat)-29(sun) 木下惠介記念館
[静岡公演]2017.11.25(sat)-26(sun) あそviva!劇場

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM