■ お問い合せは劇団ウェブサイトお問い合せ】よりお願い致します。

フェイスブックツイッター友だち追加

「古い」と笑い飛ばすならそれでもいい

この台本を書き始め、書き終え、手直しをしている間に43歳から一つ歳を重ねた。「44」それは「死と幸せ」人生において避けられないモノと得難いモノが横並ぶ真実と真理の歳……そうありたいと思う。だからの今作。なのだと思う。

 

昭和が終わってから和暦と縁遠くしてきたが、それでも平成の方が付き合いは長い。30年……それは決して短くはないが、自覚としては「昭和の人間」なのである。長さではないのだ。昭和と名付けられた時代に私という人間の根本が出来たからだ。だからこの先40年、新しく名付けられる時代を生きたとしても「昭和の人間」なのであろう。

「終わった時代」と言うならそれでもいいが、「昭和の人間」が書いた「平成最後の年」に贈る物語。それを「古い」と笑い飛ばすならそれでもいいが、観て、知って、体感してからにしろ!!

迷子の遊園地 Act25【離々として連々】
2018.10.6(土)7(日)
あそviva!劇場

 

開演時間
[10/6]20:00 [10/7]13:00/17:00
※開場時間は各30分前 ※上演時間:90分(予定)

 

料金
[前売]一般2500円/学生1000円
[当日]一般3000円/学生1500円
※学生…高校以上/受付にて学生証提示 ※中学生以下の入場不可


資金と想いを受け止め

 

”いま”を生きる事に喘ぐ人々を描く実像劇!「迷子の遊園地」初の東京公演製作支援プロジェクト 終了

 

243,000円(目標達成率122%)のご支援ありがとうございます!この資金と想いを受け止め、「私たちの物語」を作り上げて行きます。

 

https://motion-gallery.net/projects/maigo2018


指をくわえて東の空を眺めてはいられない

あと11時間‼️お願いします‼️

 

"いま"を生きる事に喘ぐ人々を描く実像劇!「迷子の遊園地」初の東京公演製作支援プロジェクト
https://motion-gallery.net/projects/maigo2018

 

僕自身の事などどうでもいい。散々好きにやって来た。いま死んだら「楽しかった我が人生」と言える。しかし、自分が良ければそれで良いわけではなく、楽しい社会でも、明るい未来でもない。

 

この舞台に一人でも多く"参加"して頂きたい。何故なら政治でも経済でも解決しようとはしない"この時代の問題"に向き合って、生きたい。

 

「大きくなれ!」「"大人"になるな」と言いたい。

「誰かの都合のいい子=自分に都合のわるい子」になるな!と言いたい。

経済の中でしか物事を語れない時代を壊せ!

その時代を継承してしまった世代の"遺言"を聞いてくれ!


名も無き者たちの無謀な挑戦と映ろうとも、指をくわえて東の空を眺めてはいられない。

 

無名だが、無能ではない。

 

 

「誕生日には悪魔がやって来る。狙うはひとりでいる子供。生れた時はひとりではかなったはずなのに、一体いつ独りにこなってしまったのだろう」 迷子の遊園地【離々として連々】https://maigo.link/riri/

 

 


【離々として連々】静岡公演

誕生日には悪魔がやって来る。狙うは独りでいる子供。生まれたその日は一人ではなかったのに、一体いつ独りになってしまったのだろう−ひと組の姉妹の”成長”物語。自分には見えてはいない景色を知ったその時、新たな"誕生日"を迎える。

心引き裂かれ、そして知る。己の無知と未知。迷子の遊園地が平成最後の年に贈る人間物語。それは時代の遺言か?新時代への幻想か?


 

 

迷子の遊園地 Act25【離々として連々】
2018.10.6(土)7(日)
あそviva!劇場


[10/6]20:00

[10/7]13:00/17:00
※開場時間は各30分前

※上演時間:90分(予定)

 

料金
[前売]一般2500円/学生1000円
[当日]一般3000円/学生1500円
 

特典付チケット
[ポストカードセット]3000円 作品メインイメージ&イメージ画ポストカード(各1枚)付
[原画セット]4000円 作品イメージ画付(枚数限定)

 

LINE@キャンペーン…迷子の遊園地のLINE@をお友達追加して頂き、メッセージにてご予約頂くとチラシデザイン&作品イメージ画ポストカード(過去作品含む)1枚進呈。(登録済みの方も対象)

 

チケット:迷子の遊園地ウェブサイトカンフェティ


愛と誤解

明らかに不満を抱いているのに、それを垂れ流す空気を纏っているのに、それを口にする事はない。いや、出来ないのか。そんな集団をつくってしまっった。質は違うかもしれないが、昨今話題のスポーツ団体と変らない。

それを作って来た者が、それを改善することが出来るのだろうか?
「役職停止」「辞任」「永久追放」……昨今話題のスポーツ団体でならそんな言葉が飛び交う。それが"常識"それが"社会通念"。やはり創造者は破壊者にはなり得ないのか?改革は断行できないのか?ならば……。
愛されているという自覚を持つことで、大切なモノを見失ったのかもしれない。またはその愛を誤解してしまったのか?
永遠に解けない謎かもしれないが、だからと言って逃げるわけにはいかない。例え、ひとりで、だとしても。

<< | 2/91PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Related Sites

オフィシャルサイト


フェイスブック


ツイッター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM